7月12日 03:00に起床、04:10 ウィンドブレーカーを着て新得出発
今日も天気は大丈夫そうだ。
コンビニでお茶を補給し、峠の手前で、ウィンドブレーカーを脱いで狩勝峠を上る。
今年は峠を相方よりも早く上ることが多かったので、秘かに自信があったのであるが、
1合目でグンと前に出て引き離したまでは良かったが、6合目辺りでペースが落ちて、8合目で追いつかれ、
9合目でお約束の置いて行かれた
2014年07月12日003
前方に小さく相方が見えます
今年も相方には峠で勝てそうにないようだ。

05:30 狩勝峠頂上到着
2014年07月12日006
2014年07月12日007
相方が何故か誇らしげに見えるのは、私が卑屈なせいであろうか
2014年07月12日009
再びウィンドブレーカーを着て峠を下る。
南富良野から左折しかなやま湖に向かう。
往路の時は、舞い上がっていたのであろうか、PC2から南富良野まですぐ着いたような気がしたが、
帰りはなかなか着かない。(実際は8.7kmあるので、25分位かかるのだが)
06:45頃 PC8 かなやま湖スポーツ研修センターに着いた。

閑散として、外には自転車が1台しか止まってなかった。
中にはいると、自転車が結構あって、夜露を避けるために中に入れていたようだ。
2階の休憩室に入ると数名の方がいらして食事をしていた。
その中の女性の方に相方が挨拶していた。
昨日美園峠でお会いした方だそうだ。(つまり北見のPCで相方と同室の方)
見るとその方は、長森恵子さんではないか。
長森さんは2年前の北海道パラダイスウィーク(1週間で200km、300km、400km、600kmの4つのブルベで北海道を1周するイベント)で、唯一の女性の完走者の方だ。
相方はそんなことを知らないから平然としているが、私は横に座ってドキドキしていた。

そこにwhite stoneさんがスープカレーを持って来てくれた。
2014年07月12日011
美味しかった!相方はお代わりをしていた位だから。

ここではAJ北海道のKさんやwhite stoneさんに元気付けられた。
そうこうしている内に、長森さんが出発するというので、記念写真をお願いした。
2014年07月12日012
丁度出発されようとしている方々も入ってもらって、パチリ。

もう一度休憩所に戻って、しばらく雑談をした後、我々も出発した。
IMGP3839
この辺りがブルベが中止になっている為、スタート時間にピリピリしたところが無い。
札幌に暗くなる前に着けば良いや!みたいなぬるい感じだ。
こんな感じは初めての経験だった。悪くはない。
08:00過ぎにPC8を出発したと思う。

途中、眠気が出てきたので、富良野の手前の山部のコンビニでレットブルで眠気を抑えて走る。
2014年07月12日015
私のこの時の希望は富良野の向こう側に行けば、来た時と反対に追い風があると信じていたのであるが、
全然吹いていなかった。ショック!
こうなると心が折れて、足が回らなくなる。
仮眠を摂る場所を探しながら進んでいたが、PC9の上芦別の手前で、お昼を芦別の道の駅でガタタンラーメンを食べようと思いつく。
そうなると混む正午前に着こうとペダルを回した。

本来ならば最後のPC9 上芦別セブンイレブン11:30着。
眠気覚ましのレットブルを再度投入し、一路、芦別道の駅へ。
なんとか12:00直前に着き、2階のレストランへ。
注文するのはもちろん「ガタタンラーメン」
2014年07月12日020
いろいろな具の入った塩味のあんかけが乗ったラーメンだ。
うまい!これぞ、ブルベ!(2回目)なんでやねん(2回目)

芦別道の駅を12:30頃出発した。
途中赤平の手前で雨が降ってきたのでウィンドブレーカーを着た。
とことん雨に祟られたブルベだなと思いながら、だんだん雨に対する耐性が出来てきたような気がして来た。
雨具を着ても汗で濡れるのだから、体が冷えなければ雨具を着る必要がないと思うようになってきた。
ただ、足だけは濡れると気持ち悪いので、ビニール袋のシューズカバーを内か外につけて、なるべく濡れるのを防ごうと思った。
どちらにしても、体を冷やしたら良くないと思うけど。

歌志内を通り越し砂川へ。雨も上がり、左折し、国道275号に入るともう坂がない。
札幌は、もうすぐだ。
しかし275号は交通量が多く、かつ、路肩の状況が宜しくないので、結構気を使う。
道の駅の鶴沼の手前で疲れてきたので、コーラ休憩をしようと思うが、対向車や後続の車が多くて右側の道の駅に入りそびれた。
次のコンビニにしようと諦めて走ったが、その次のコンビニが無い!
いくつかの集落の度に落胆しながら、結局月形のサンクスで休憩した。
15:17 月形 サンクス

月形から当別へ。
当別まで来たらいつものサイクリングで走りなれた道。
あいの里を通って、見えてきましたゴールの「さとらんど交流館」。
2014年07月12日023
うれしかったなぁ。
こんな看板があったのね。
2014年07月12日024
スタート前と違い閑散としたポーチが如何にもゴール地点という感じ。
2014年07月12日025
17:21 ゴール!
2014年07月12日026
868.74km 68時間21分 平均速度は22.4km/hだった。2014年07月13日009
1200kmを走るとすると、残り約340kmを21時間39分で行かないとならないから微妙なところか?
中止と決まってから大分ペースが落ちたから仕方が無いだろう。

AJ北海道のスタッフの方達が出てきて下さって、労って頂いた。
ありがとうございます。
交流館の中は、十数名のランドヌールがまったりと談笑していた。
2014年07月12日027
私も気の抜けた感じで、パスタや何やらを頂いて、スタッフのmarioさんやHさんとお話をした。
14629172526_54a96c870b_o

2014年07月12日035
暗くなる前に自転車をバラして車に積もうと駐車場へ行ったら、
いつもブルベで声を掛けてくれる方がいらして、初めて自己紹介をした。
赤平のHさん、今後もよろしくお願いします。
19:00にドロップバックが戻って来るというので、それまで交流館で過ごし、ドロップバックを引き取り帰りについた。

以上が、私にとって今年最大のイベント「BRM709北海道1200km”納沙布岬ver”」の顛末だ。
しかし、まだ打ち上げパーティがある。
幸か不幸か体調を整えて打ち上げパーティに出ることが出来る。
中札内グルメフォンドに負けないぞ!と思う私だった。

(いよいよ次が最後)