11月2日(3日目)

朝04:00起床。
支度をして、新得のお宿を05:05に出発。
まだ夜明け前の真っ暗な街を走って、
来た時と同じく、新得駅に寄りました。

2013年11月02日002

3日目ともなると、さすがに脚と腰に疲れが残っています。
いつものように、右膝に少し痛みが出ています。
6月末の雄武のブルベ以降、ペダルを強く踏むと右膝のお皿の下あたりが痛むようになりました。
シーズンオフにきちっと膝を治さなければならないと考えながら、
気温も低いので、体が温まるまではゆっくりと狩勝峠を目指します。
狩勝峠の麓に着いたのが、05:34。

2013年11月02日006

電光掲示板には「夏タイヤ走行注意」の文字。
この時、空は少し明るくなってきました。

今更ながらですが、この時の服装を備忘録として残しておきます。
上は半袖シャツに裏起毛の冬用ジャージに雨具、
下は裏起毛の9分の冬用レーパン、シューズカバー、
指有り冬用グローブにモンベルのオーバーグローブという体制で、
朝靄の中、上り始めます。
(今回は冬用のジャージと9分のレーパンと冬用のグローブで出発し、
江別でシューズカバーを付けたほか、随時ウィンドブレーカーや雨具を防寒用に着ました。
オーバーグローブは復路で始めて使いました。)

狩勝峠は、富良野側に比べて新得側の方が急だと恐れていましたが、
富良野側より少し斜度がある程度で、スピードが一桁になる程ではありませんでした。
途中にある○合目の看板が励みになりました。
疲れて休もうかなと思った辺りで見えてきて、
○/10 来たんだと目安になり、心が折れませんでした(笑)

そして6合目を過ぎた辺りで、日の出を迎えました。(06:01)

2013年11月02日010

まあ、キレイ!

本当は峠の頂上で迎えたかったけど、これはこれで私らしい。
まあ、良しとしましょう。

更に、えっちら、おっちら、上って、狩勝峠の頂上に着きました。(06:23)

2013年11月02日012

2013年11月02日013

朝日に映える十勝平野で御座います。

2013年11月02日014b

来年の年賀状用に写真、写真っと。

十分に景色を楽しんだあと、峠を下ります。
新得側は朝日が当たるけど、落合側は山の西側で日陰に入いるし、下りはスピードがついて風は当たるし、

寒っ!

後で調べたら、11月2日の幾寅地区の06:00~07:00の気温は、

-0.6~-0.2
 
マ、マ、マイナスでんがな!


そういえば、確かに水たまりが凍っていました。
その時はそんなことも知らずに、落合の手前で、下も防寒用に今回始めて雨具を着ました。
手持ちの最大の防寒装備です。
しかし、足が冷たい!というより、痛い!
この時、二度とこの時期にロングライドはしないと心に誓ったのでした。

南富良野の道の駅はまだ閉まっていましたが、
自販機で暖かいコーヒーを飲み、補給食の一口アンパンを2つ食べました。
人がいないのを見計らって、汗で濡れたシャツを着替えました。
これで足以外は、大分暖かになりましたね。
樹海峠をのんびり上って、富良野へ向かいます。
山部からは国道38号線を外れて、大雪600のコースを逆走します。
富良野の山々の上の方には雪が積もっています。

2013年11月02日018

富良野の街はモヤがかかっている様です。(08:50)

2013年11月02日020

山部から富良野の裏道の道道985号線(山部・北の峰線)は結構アップダウンがありました。
平らな国道を走れば良かったかなと後悔しながら、
大雪600のPC1のセブンイレブンを通り過ぎて、
国道38号線のセイコーマート富良野北の峰店に到着(09:21)
ここで、今日の朝食です。
カップヌードルとおにぎり2つ(いつも同じ
店の前の端っこで食べていると、なにやら人の気配が。
背中に「OBIHIRO」と入ったジャージの男女の若者が多数。
まあ、賑やかで、賑やかで。
自分も若い頃はそうだったかなと思いながらも、
落ち着かないので早々に退散して、札幌を目指します。

富良野から坂を超えて452号線に合流して、三段滝公園で上下の雨具を脱ぎ、
ウィンドブレーカーに着替えます。
この日は三連休の初日の土曜日とあって、紅葉を見にちらほら観光客もいます。
多少珍しそうな者を見る視線を感じながらも、そそくさと準備をして出発します。
なぜならこの時、三笠の「玉ねぎ屋」さんに寄れるかもと思い始めたからです。
新得から富良野まで、78km、4時間半の09:30で走っているので、
富良野から三笠まで、60kmを20km/hで走れば、3時間で12:30
必死に頑張れば12:15位に着けるかも。
そして海鮮丼を頂けるかも。
往路の支那虎さんのラーメンと同じモチベーションです(笑)
桂沢湖は復路の方がよく見えました。
こんなに大きいんだと思いながらも、写真を撮らなかったのは、時間を気にしていたからか(汗)
頑張ってペダルを回しましたよ。

しかし、大夕張のPC1だった幾春別の手前で12:00を過ぎました。
正直、急に疲れが出てきましたね。
石炭ザンギ(BRM1006北海道200km大夕張の巻(2)山岳編で食べたやつ)にしようかと思ったけど、
余りにも虚しくて、幾春別をスルー。
未練がましく、「玉ねぎ屋」さんの方へ行ってみます。
男は男らしく、ダメなものはダメと、諦めが肝心と息子に言っておきながら、
もともと男は男らしくないから、男らしくしろ!と言うんだよな。
「女々しくて、女々しくて、辛いよ~」と口づさみながら近づいていくと、
男女3人組が歩いて来て、店の中に吸い込まれていくではありませんか。

それからは猛ダッシュ!

12:35 「玉ねぎ屋」さん到着

2013年11月02日023

12:47 海鮮丼・味噌汁(500円+50円) 到着

2013年11月02日022

いい湯気出しているじゃありませんか。

旨い!

今度は夜の部に予約して行ってみたいですな。
なんでも、ししゃもの寿司がこれから旬らしく、ふぐの寿司もあるらしいとか。
大将に「自転車で来られたんですか?」と声掛けられて、少しお話をして、お腹も心も満足でした。

「玉ねぎ屋」さんを出てから、国道12号線へ向かい、
サンクス岩見沢岡山町店で食後のコーヒーを頂きます。(13:31)
最近のコンビニのコーヒーは美味しいですよね。
ここまで来たらゴールは近いけれども交通量が多くなって来たので、気を引き締めて参りましょう。
岩見沢から国道12号線で、江別市街の手前で国道275号線へ。
東雁来からは豊平川のサイクリングロードを通って、

16:16 自宅到着

2013年11月02日024

これで、3日間に渡る、52歳のオヤジの冒険が終わったのである。
写真にある自転車の後ろの車で行けばなんて事ないことが、自転車だと大冒険になるという話でした。

札幌~帯広3

走行距離:196km
時間:11時間11分
獲得標高:1425m

(3日目終わり)


そんでもって、今回の旅の総括を。

当初危惧していた、走行中、暇+寂しくて死んでしまうのではないかと思っていたが、
そんなことは全然無かった。
走行中は周りの車や路面に注意を払うのはもちろんのこと、
きれいな景色を眺めたり、走行ペースを確認したり、
何処で何食べようかなどと考え事をしてたり(ほとんどこれだったけど)で、結構やることがあった。
また、自転車のせいなのか、コンビニで休んでいる時に声を掛けられて、自閉症になることはなかった。
街中を走っていると学校帰りの小学生のウケが良く、やたらと声を掛けられた。
「カッコイイ!」とか「その自転車、ちょうだ~い!」とかね(笑)

今回はリュックを背負って行ったのだが、これは失敗というか辛かった。
既に書いたように、入るものだから、着替えや何やら、
あと通常はサドルバックに入れている下の雨具とか、しめて4.2kg+お土産で結構、肩が凝りました。
おまけに、ユニクロのリュックだったので、背中がすごく蒸れました。
ドイターでも蒸れるだろうけど、それ用のリュックを買うべきだと思いました。
狩勝峠で下の雨具を着ようとリュックを地面においたら、背中に当たるところから湯気出てたもの。
ブルベでは、ウエストバック程度にしておいて、なるべくリュックは避けた方が良いなと思いました。

時期的なこともあるけれでも、
1日120km~160km位だと、色々見ながら楽しんで旅が出来そうかな。
1日200kmを超えると、自転車に乗っているのが主になって、旅行気分が薄れるような気がする。
1日200km以上の走行が続くと、疲れも残って来るので気合が必要かな。
それとシューズの問題もあるかな。
SPD-SLだと、やっぱり歩きにくいし、クリートが減ると思うと億劫になる。
レースじゃないし、私はほどんど引き足使わない(使えない)から、SPDの方が良いのかもしれない。
ただシューズが重いという話もあるし、ペダル+シューズの代金の問題があるが・・・。
今後の課題ですな。

続いてデータ編

合計走行距離:486km
合計獲得標高:3167m
合計走行時間:27時間位
平均時速:約18.0km/h(休憩時間込)←ブルベ換算では合格

食費(1日目):2,235円(牛丼、ラーメン(支那虎)、飲み物他)
食費(2日目):2,079円(カップヌードル、おにぎり、カレーライス(インディアン)、飲み物他)
食費(3日目):1,138円(カップヌードル、おにぎり、海鮮丼(玉ねぎ屋)、飲み物他)
 合   計 :5,452円

これをガソリン1㍑を150円に換算すると、36.35㍑。
て事は、13.37km/㍑(プリウスに負けている・・・)になるわけだが、
当然自動車に乗っていても食費は掛かる訳で、
500円/回×8回(3+3+2)=4,000円を引くと、
1,452円/150円=9.68㍑ で 486km/9.68㍑=50.20km/㍑ となり、

大勝利!
(編集部註:最新のプリウスは61km/㍑ らしいけれど無視)

ガソリンを燃やすより自分の脂を燃やして遠出しよう!
う~ん、これからは十勝に行く時は自転車ね!って

そんな、わけないだろ!

もう2度とこんなことはしないだろう。
特にこの時期は寒い!
自動車という文明の利器は素晴らしいと再確認した旅でした。
自動車ならこんなレポ書けないのだけれど。

(この話は終わり)