2018年、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いし申します。
18237877_1256763114441227_6855107000363602977_ob

何を今更!と思いでしょうが、歳を取ると一年があっいう間に過ぎると言います。
その言葉通り、あっという間に、年が開けてひと月過ぎてしまいました。
この調子で行きますと、今年ももう年末なのかもしれません。(笑)
確かにイベントがないと、その年全体の記憶がなくなりそうなのです。
・・・昔は高校に入った。○○さんとデートした。大学に入った。就職した。とか、節目となる事があったのですが、最近は・・・・。

でも自転車(ブルベ)をするようになってからは、
2011年ロードバイクを買った。美瑛センチュリーライドに参加した。
2012年ブルベに初めて参加した。長万部400で初めて夜中に自転車に乗った。
2013年初めてSRになった。初めて大雪600を走って、600には二度と出ないと思った。
2014年北海道1200に参加して、美幌峠で中止になった。
2015年函館400で強風のため中止になり、M埼さんとバス停で一夜を過ごした。
2016年北海道1200のリベンジ達成した。北海道の四隅到達した。
2017年フレッシュを完走した。三国峠を走破した。オロフレ峠は自転車で行く処ではないと思った。
等々、記憶が鮮明に残っているのです。

正に、私にとってブルベはボケ防止みたいなもんです。

そこで2018年の今年です。
今年の目標は相方と検討を重ねた結果、
7月13日から行われる、AJ北海道さん主催の
襟裳岬1000の完走を目標と考えております。


R札幌さんの2400&1200も魅力的なのですが、それぞれ定員が50名でエントリー峠がありそうな感じなのと、折しもお盆で、ご先祖様をお迎えする時期なので、今のところ諦めざる得ないかなと思っております。(急にご先祖様を、後にさせて貰う事もありますが。

そこから逆算すると、
6月30日積丹400
6月17日前田200
という、余り宜しくないスケジュールになってしまいそうです。
(オロフレ峠は行きたくないんだもの!)
これを回避するためには、
6月30日ランドヌ東京さんの知床峠600という手もありますが、
私の脚では、どう考えても知床峠を通る時は真っ暗闇。
知床峠は走ったことがないので行ってみたいのですが、
夜間の知床峠は行きたくないのよ!

と、ここで、2018年私の注目ブルベの巻~その3 用に書いておいた知床峠600の話を挿入。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今年、北海道では28回のブルベが行われると云うのは、前々回お話しましたが、その大きな要因の一つと言えるのが、
ランドヌ東京さんの帯広合宿。
帯広合宿は去年から行なわれて、200kmから600kmの4つのブルベが連続して行われました。
今年は、6月30日から7月8日までの9日間で、去年行われた4つのブルベの他に知床峠600が追加されて、5つのブルベが連続して行われます。

その中で私的には最も注目しているのが、
6月30日知床峠600です。
知床峠600
朝6時に、帯広発で釧路から中標津を通って、知床峠を越えて網走、北見、陸別、足寄と周り帯広へ戻って来る600km。獲得標高は約3700m弱、平均勾配0.61%とほどほどのコースです。
このコース、右回りでも左回りでも良いというのが面白い所。
つまり、先程のコースの逆でも良いという事です。

どちらにしても、このコースのポイントは、丁度半分の300km付近にある知床峠です。
羅臼側からでも、宇登呂側からでも、ほぼ海抜5m付近から峠の頂上の標高745mまで、どちらも16km程度で登る平均勾配4.6%の峠です。
私自身、車では行ったことは何度かありますが、もちろん自転車で行ったことはありません。
ですから、ちょっと登ってみたい気がします。

知床峠は登りの勾配も大変ですが、如何せん300kmだと、私の脚力では16時間程度掛かると思われ、6時出発という事は、峠の麓の羅臼又は宇登呂に着くのは21時を過ぎる可能性が高いと思います。
ご存知の通り、知床半島は世界遺産に登録されており、野生動物がいない訳はなく、
キタキツネ、エゾシカはもちろん、ヒグマもいる訳で、
昼間でさえ遭遇する可能性があるのに、夜ともなれば、遭遇しない確率の方が少ない様な気がします。
6月30日頃の知床の日の入り時刻は19:10頃。
ということは、羅臼又は宇登呂に18:00頃に着かないといけない計算になります。
284kmを12時間で走るという事は、平均時速23.6km/hで走るという事です。

・・・無理です(涙)

日の出時刻は、03:45頃。日の入りからこの間の時間には知床峠を走りたくない所ですが、そうするとタイムアップになってしまいます。
もちろん朝早くであれば、人(車)通りが少ないので、明るくても野生動物がいる可能性は高いと思われます。
となると暗い中、集団で歌でも歌いながら走るか、スピーカーで音を鳴らしながら走るのか、何かしらの対策を考えなければなりません。
釧路周りの方が最初に登りが少ない分、早く知床峠に着けそうな気がしますが、東風が吹くと遮るものが無いだけに一気に厳しくなりそうです。
私にとって、そこが一番の問題です。

そう言いつつも、このコース、グルメポイントがたくさんあるのが魅力です。
釧路、羅臼、網走、北見、足寄と食べる処はたくさんあるのですが、知床峠までは早く走りたいので、前半は自重して、食べたいものが後半になる様に周り方を決めるのが良いか等と、非常にブルベの能力が試されます。
どうしようかな???
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
と、ここまで。

その一週間前の6月23日地球岬400は、室蘭の夜景を見る為に参加したいところですが、翌日がママチャリ耐久リレーの日なのです。
さっさとゴールすれば間に合うでしょう!って思うかもしれませんが、
徹夜明けのママチャリはキツイよね~!
考えどころですわ。

今シーズンのスタートは例年より遅く、5月13日美唄200からと思っていたのですが、
1月27日のアイスブルべの皆さんの表情を見たら、楽しそうで5月まで待てそうにない。
4月29日の旭川200に参加しようかな~。と心が動いております。(丁度3連休の中日だしね。)
旭川200に参加するなら、18リットルのリュックは必需品だわね。

そんな事を考えながら、着る毛布に包まって2018年のスタートです。
2016年02月07日024
ブログもボチボチ更新するつもりですので、今年もよろしくお願いします。
・・・まずは自転車のメンテをしなくっちゃね。

(おわり)