いよいよ今年のブルベも残り少なくなってきました。
あの寒かったフレッシュに始まって、私にとって今回で今年8回目のブルベです。
今回の北の国から400を完走出来ると、いよいよダブルSRに200だけとなるわけです。
ダブルSRを取るためには、1年間に最低8回ブルベに参加しないとならない訳で、
いつまでブルベを出来るか分からない歳の私にとって、
取れる時に取っとけ!
てな訳です。
まぁ、ダブルSRになっても、自己満足だけで、特別なメダルも何も無いのですけれどもね。
(だからこそ、取れる時に取っとけ!な訳です。)
それもこれも、北海道に2つのブルベを開催してくれる団体があるお陰なんです。
本当にありがたい事です。

そんな訳で、半分くらいダブルSRしか考えていなくて、後は名前が「北の国から」ですから、
先日のアタック三国峠300とは逆方向から三国峠を登って、富良野の麓郷へ行くんだろう程度でポチっちゃたもので、Qシートが発表されてコースを見たら、
まぁ、ヒドイ!(笑)

てっきり店の前を通ると思っていたインデアン音更店の前は通らず(改訂されたキューシートでは、特例で店の前を通る事が出来るようになりました。ありがとうございます。m(_ _)m)、少しは帯広に寄って、グルメでもと思った帯広の手前で曲がって寄りはしない。徹夜明けの疲れた体で、十勝岳ヒルクライムの8割がた登って、止めに美瑛の丘を走らせるなんざぁ、末恐ろしいコースだった訳です。
それと忘れちゃいけないのが、狩勝峠の前で心が折れそうな地点の新得や、幾寅(南富良野)、布部、美瑛と、駅の前というか、近くを通るコースで、北海道のブルベでは珍しく、安心してDNF出来るポイントがいくつも用意されているコースなんです。(新得、幾寅はJRが不通の為、代行バスですけど)


北の国から400
コースは、
旭川の南、道の駅ひがしかわを出発し、きのこの里愛別から上川、層雲峡を通り、先日通った三国峠を今度は上川側から登ります。三国峠を越えたら、糠平、上士幌、士幌、音更と南下、十勝川の手前で右折して裏道に入ります。裏道から十勝清水、新得を通り、狩勝峠、樹海峠を越えて、布部まで国道38号で進み、TVドラマ「北の国から」で有名になった麓郷の中畑木材さんのチェックポイントを通過し、富良野の外側を通って上富良野町へ。
そこからは十勝岳温泉への坂道をひたすら16km登り、左折して吹上温泉のチェックポイントへ。
白金温泉を通り、ダウンヒルで美瑛町を通り、ケンとメリーの木、セブンスターの木を見て、東神楽町を通り、ゴールの東川町へ。
初秋の大雪山をグルっと周る走行距離402.8km、獲得標高3,444mというコースです。
コースの断面図を見ると、三国峠と十勝岳を登るので、従来大きく見えるはずの狩勝峠が、丘の様に見えるところが恐ろしいコースです。

更にこのコースは、今年6月の積丹400と同じ様に11時発という、ブルベには珍しいスタート時間がポイントです。
当日朝、札幌を出発する私には良いのですが、翌日、日が昇ってからゴールまでが長いのが、貧脚の辛い所です。


では、スケジュール。
06:30 起床
07:00 自宅を車で出発
旭川のすき家さんで朝食を食べて、
10:00 スタート地点の道の駅ひがしかわ到着
10:30 ブリーフィング
11:00 スタート
12:00 20.8km地点 当麻町営スキー場前右折
13:30 50.0km地点 上川 よし乃上川店さん到着
2016年07月15日036
もちろん食べるのは味噌ラーメン。
2016年07月15日035
登る前に喰っとけ!ですわ(笑)

14:15 よし乃さん出発
上川を出ると、もう緩やかな登りが始まります。
層雲峡まで21kmで約300m登ります。
15:25 71.3km地点 層雲峡通過
勾配が少しきつくなって、12kmで200m登ります。
16:05 83.5km地点 PC1 大雪防災ステーション到着(close 16:36)
よし乃さんでラーメンを食べたせいでクローズ・ギリギリ、31分の余裕しかありません。
(それでも、よし乃さんのラーメンは外せません。) 
こちらで有人チェックをしてもらいます。

16:15 PC1出発
9km程進んで本格的な登りに入り、10kmで300m登る、平均勾配3%の坂です。
17:30 102.4km地点 三国峠到着
試走のtakedaさんとkaba3さんは16:15に着いたそうですが、私達は1時間以上遅い予定です。
夜間装備にして、すぐ下ります。
18:50 134.2km地点 糠平温泉通過
この日の日の入りは18:01なので、18:20頃のなんとか明るい内に糠平温泉まで着きたいと思います。
(それでも、よし乃さんのラーメンは外せません。) 

ここから本格的なナイトライドに入ります。
19:55 157.3km地点 上士幌通過
20:15 164.0km地点 士幌通過
21:15 183.0km地点 特例として、音更木野市街を通って良いとの事。お言葉に甘えて左折
21:30 188.0km地点 インデアン音更店到着
2015年06月13日044
こちらのインデアンさんは22:00まで営業なので、寄らない訳にはいきません。
2017年08月20日001a
22:00 インデアン音更店出発
22:10 191.1km地点 PC2 ローソン音更鈴蘭新道店到着(close 23:44)
400kmの約半分走っても、1時間も貯金出来ません。
(それでも、よし乃さんのラーメンとインデアンのカレーは外せません。) 
22:30 PC2出発
00:00 222.5km地点 十勝清水通過
00:30 233.0km地点 新得通過
6km進んで、10kmかけて411m上る平均勾配4.1%の狩勝峠を登ります。
きっと寒いと思います。 特に下りは。
02:00 249.5km地点 狩勝峠通過
02:50 268.5km地点 セブンイレブン南富良野店で自主休憩

03:10 セブンイレブン出発
03:15 269.1km地点 南富良野右折
03:30 273.0km地点 樹海(三の山)峠通過
04:30 296.1km地点 PC3 セブンイレブン富良野山部店到着(close 06:44)
この日の日の出は04:54。空が明るくなってくると思います。 
04:45 PC3出発
05:45 316.0km地点 通過チェック 中畑木材工業到着
06:45 336.9km地点 セブンイレブン上富良野東町店で再び自主休憩
2年前の十勝岳300の時のPC2だったセブンイレブンです。
再び、登る前に喰っとけ!ですわ(笑)
07:00 セブンイレブン出発
十勝岳300の時は、
このセブンイレブンから11kmまでは調子が良くて51分で走ったと、当時ブログには書いてあります。
しかし、そこから吹上温泉の分岐までの5.4kmを58分掛かっているみたい。
( ↑ もう、思い出したくないので他人事です。
つまり、PC2から吹上温泉の分岐までの16.4kmを1時間49分掛かり、その時の感想は、
・・・・地獄でした。(涙) だったそうです。(←完全に他人事です。

ちなみに十勝岳温泉までは、更に17分掛かり、トータル2時間6分掛かっています。
改めて、先日の十勝岳ヒルクライムで計測地点からの距離が違うとはいえ、
相方の1時間1分52秒やHAYAさんの56分台の凄さが分かります。

お金払ってココ上るって、バッカじゃないの!(爆)

今回、ここ2年間の成長を込めて、
1時間半で通過チェックまで行けると、・・・行きたいと、・・・行ければ良いと、計画しました。
08:30 353.9km地点 通過チェック 吹上温泉到着
ここから、美瑛の街までダウンヒル。
09:50 382.1km地点 美瑛通過
09:55 383.5km地点 ケンとメリーの木通過
10:10 387.5km地点 セブンスターの木通過
10:30 393.1km地点 西聖和駅横通過
11:00 402.8km地点 GOAL セブンイレブン東川北町店到着(close 14:00)

よし乃さんの味噌ラーメンとインデアンのカレーを食べて、
24時間でゴール予定です。

徹夜明けの7時から、十勝岳を登らせるという、素晴らしいコースレイアウトに対して、24時間でゴールしようというチャレンジングな完走計画になりました。


三国峠と狩勝峠に十勝岳と3つの難敵に加え、今回は更に2つの難敵が待ち構えています。
その一つは、N&N君の存在です。
カレー
再び、あの悲劇が起こるのか?
ヤツは再び、2杯食べるのか?
2015年06月13日046
あの時は、21:30着予定のところ、21:34に到着しました。
今回も奇しくも同じ21:30着予定です。
頑張りたいと思います。


そしてもう一つは、言わずと知れた、
ランドヌール札幌さんの連続降雨記録更新か!

昨年10月23日の薄野200から続いている降雨記録は、
アイスブルべの猛吹雪を含めるとV9です!
あの栄光の巨人軍と同じです。

そして、今回の北の国から400で記録が更新されれば、
あの世界の中野浩一さんに並ぶ記録です!

その偉大な記録に並ぶために、ランドヌール札幌さんは最終兵器とも云えるものを用意したようです。

台風15号! 通称サンヴーです。

オーマイガッ!

サンヴー・ゴー・ホーム!

台風15号
完全にロックオンされています。
気のせいか、急いでブルベに間に合わせようとしているようにさえ見えます。


当然、天気予報は、
旭川
天気旭川
帯広
天気帯広
富良野
天気富良野
降水確率、安定の60%(大涙)

『こうなったら、コンプリートを目指そう!』と言っていたのは、
本気(マジ)のようです。(笑)


私、テンション下がり気味です。


(おわり)