(つづきです)

17:56 PC3出発(予定 19:25)
2017年08月05日059
宗谷岬600の第2関門、稚内峠に向かいます。

稚内市街に入って来ると、お祭りの音が聞こえてきます。
ボリューム亭さんをGPSに従い探します。

18:07 ボリューム亭さん到着!
2017年08月05日062
アレッ?
2017年08月05日061
オーマイガッ!orz
8月5日~7日まで臨時休業ですって!

分厚いポークチャップは食べられません
ボリューム亭2a
ガーン!

相方も分厚いハンバーグカレーは食べられません

ボリューム亭1a
ガーン!ガーン!

ここで稚内峠を諦める訳にはいきません。
気を取り直して、N&N君に教えて貰った近くのデノーズさんへ行きましょう。
18:09 デノーズさん到着!
2017年08月05日063
なんとなく人気が無い?
2017年08月05日064
アンビリーバボー!orz
やはり、去年と同じ早仕舞いだったのか。

分厚いスラッピージョー・ハンバーガーは食べられません
スラッピージョーa
ガーン!ガーン!ガーン!

なかなか手強い稚内峠!

こういう事もあろうかと、更に近くの夢広場さんへ向かいます。
18:11 夢広場さん到着!
2017年08月05日065
ヨッシャー!
今度は開いてます。
これで稚内峠は越えれそうです。
2階へ上って、お店に入り、オーダーは予定通りホタテともずくの入った二色ラーメン!
「スミマセン。もずくが無くなってしまって・・・出来ません。」
な・な・なぬー!

ホタテともずくの入った二色ラーメンは食べられません
夢広場a
ガーン!ガーン!ガーン!ガーン!

もう頭の中は、除夜の鐘状態ですわ(涙)

ここは落ち着いて、
二色ラーメンからもずくを抜いたホタテラーメンにいたしましょう。
2017年08月05日069
ここでそばを食べたら、年越しそばになっちゃうもの(爆)

ホタテラーメンは、大きなホタテが2個入った、塩ラーメン。
出汁が利いて、あっさりして美味しかったです。\(^o^)/
ごちそうさまでした。
しかしながら、どこか釈然としないものを感じた稚内峠でございました。


19:04 夢広場さん出発
19:06 コース復帰
なんだかんだで、1時間以上稚内駅周辺をウロウロしていたわけであります。
稚内
それもこれも、稚内みなと南極まつりとかち合うせいで、
来年は稚内グルメを本格的にリサーチしないと拙いと感じました。、
2017年08月05日070
いっそのこと、まつりの屋台で食べるというのもアリかな?
ついでに、反射ベストにヘルメットで踊っちゃう??

お祭りで賑わっていた市内から郊外へ出ると、急に淋しくなり、気温も下がって来たように感じます。
お腹も一杯なので、少しダレて来ます。
そこへ向かい風が強く吹いて来ました。
なんか、思ったように進まず、苦労します。

20:09 259.0km地点 日本最北のコンビニ セイコーマートとみいそ店到着(予定 21:20、昨年 20:53)
2017年08月05日071
ウイダー・イン・ゼリーを持参し、眠気防止のレットブルを補給します。
20:22 セイコーマート出発(予定 21:30、昨年 21:03)

向かい風は益々強くなります。
ところどころ風除けになる建物とか山があると、すごーく進むのですが、直接風が来るところは、全然進みません。
2年前の宗谷岬600は宗谷岬まで向かい風で、宗谷岬から進路が変わっても向かい風だったよな。何て事を思い出しながら宗谷岬を目指します。

20:49 269.1km地点 宗谷岬到着(予定 21:55、昨年 21:20)
2017年08月05日072
これで、本土最北端到達証明書はゲット出来ます。
2017年08月05日074
20:51 宗谷岬出発
滞在時間は約2分。
3回目ともなると、あっさりしたものですわ
初めて来た時は感動したものですが、3回目ともなると、ここからPC4までの距離の長さや、この先のこころを折る萌間山の坂を考えると、のんびりしていられないのです。
ノシャップ岬と違い、宗谷岬は私等が着いた時は真っ暗で景色は見えませんから

案の定というか予想通りというか、宗谷岬を過ぎても向かい風は一向に収まりません。
それどころか、風を遮るものが無くて、強烈に吹いて来ます。
私の脚では、平地で一所懸命漕いでも20km/hは出ません。15~17km/hがやっとです。

そこに、「こころを折る萌間山の坂」がやってきます。
ここは写真じゃ良く分からないのですが、坂の街灯がくの字状に見えて、登って行く坂が見えるのです。
2017年08月05日075
カメラのレンズには風に飛ばされた波しぶきが付くくらいの風でした。
もう、嫌になっちゃう
そう思いながら登っていると、坂があるところは山の中なので、風が遮られて、まだマシです。
坂は坂で嫌なのですが、坂ならば上った後に下りがありますから、その間、脚を休められるじゃないですか。
自転車を始めて、初めて坂の方が良いわ!と思いました。

後で気象庁のデータを見てみたら、平均風速8.0m/s以上、最大瞬間風速は11m/sを越えていました。
10m/sは時速に直すと36km/hですから、貧脚には相当辛いのですよ。
宗谷岬 風
向かい風が強く吹いて来た時は、
意識を飛ばして、遅くても良いから、機械の様にペダルを回します! 

22:23 298km地点 セイコーマートさるふつ店到着。(予定 23:20、昨年 23:00)
ここでボトル用の烏龍茶とお腹がすいたので、カレーヌードルを食べました。
ホタテラーメンを食べて3時間半、
燃費ワル~!
22:40 セイコーマート出発(予定 23:30、昨年 23:17)

00:11 330km地点 浜頓別到着(予定 00:45、昨年 00:36)
昨年と同じ場所(自販機のある歩道)で休憩します。
ここには何故か参加者が数人休んでいました。
持参の一口アンパンと赤コーラを補給します。
相方のヘルメットの赤ランプの電池が切れたので、交換しました。

00:26 浜頓別出発(予定 01:00)
海沿いを外れて、ここからは向かい風が無くて、走り易かった様に思います。
01:02 346km地点 寿トンネル通過(予定 01:45、昨年 01:31)
2017年08月06日001
相方に25km/h以上出さない様にお願いして進みます。
PC4は逃げないからサ~、ゆっくり行こうよ

02:00 364.7km地点 PC4 そうや自然学校到着(予定 02:45、昨年 02:35、close 08:05)
2017年08月06日002
そうや自然学校のロビーでは、AJ北海道のスタッフのKさんとHさんが笑顔で迎えて下さいます。
2017年08月06日004
朝早くから、夜遅くまで、本当にありがとうございます。m(_ _)m
■写真提供:AJ北海道
IMG_0039
通過チェックをして頂き、寝床を確保。
汗で濡れたジャージと下着を脱いで、体を拭いて乾いた下着とシャツに着替えます。
やっと人心地がついたような気がします。
食事の用意がしてある部屋で、飲み物とカップ麺の味噌味を頂きます。
2017年08月06日003
ありがとうございます。m(_ _)m
ブルベと云うと、最終的にはカップ麺なんだわね。
他の参加者と雑談をしていると、スタート前のすき家で会ったM川さんがやって来ました。
クロスバイクで、もう到着です。
早い!
こんなに早いなら、新しいロードバイクは必要ないじゃないですか!
M川さんは、宗谷岬からの向かい風に相当ヤラれた感じでした。
クロスバイクはロードに比べて、どうしても体が起きてしまうので、向かい風をモロに受けちゃいますものね。
それでも、この時間で着いちゃうんだもの。スゴイ脚力です。
■写真提供:AJ北海道
IMG_0041
M川さんは早々に仮眠所へ行かれました。
相方も仮眠所へ行きましたが、私は喉が渇いて、渇いて、何だかんだで1時間位までそこに居ました。
というのも、翌日、音威子府の常盤軒さんに寄るには、ここを8時半くらいに出れば良いので時間があるのです。
しかし、それはクローズ時刻を越えて、借金状態に突入を意味するのです。
稚内峠を気持ちよく越えられ無かった私は、どうしても翌日の音威子府峠からのグルメ峠を制覇したい気持ちで一杯でした。
03:00頃、仮眠所へ行き、耳栓とアイマスク、タイマーセットした携帯をお腹に挟み、ウィンドブレーカーを上に掛けて眠りにつきました。
■写真は翌日朝の仮眠所の風景。眠りに着いた時は、真っ暗で人が一杯でした。
2017年08月06日005
残り240km。
半分は過ぎたとは言え、翌日は借金スタート。
貧脚が試される一日となりそうです。
試される大地 北海道
でも、去年から「その先の、道へ。北海道」らしいですけどね。
おやすみなさい。


(つづく)