増毛の「麵屋 田中商店」の横でラーメン食べた後、祭りをブラついて待つこと50分、11:00に相方が到着。
相方が気付いてくれて止まってくれた。
再出発をして、増毛のお祭り区間を自転車を押して通過した。

増毛の街を抜けて間もなく相方のスピードが出ない
23km/h程度しか出ず、どうしたものかと思っていたら、相方は「お腹が空いた」ということで、補給食の持参のアンパンに食いついた。
自転車に跨りながら、ムシャムシャとアンパンに食いついているのを見ながら、とりあえずPC2の小平町まで行けば次の展開が見えるだろうと、相方がアンパンを食べ終わった後、25km/h程度で相方を牽きながら小平町を目指した。

12:19 PC2 小平町 セブンイレブン着(予定到着時刻13:45)
2014年05月24日033
私は増毛で食べたので、お茶を買って、相方が弁当を食べるのを待つ。
結局いつものように、相方と二人でPC3の沼田を目指す。
2014年05月24日035
雨が降った跡はあるものの、雨粒は落ちてこず、路面も乾いた状態。
周りの田んぼで冷やされた空気が体を包む。
寒いような、足を回していると暑いような微妙な天気。
2014年05月24日037
幌糠でコースミスしそうになるが、かろうじて気付き、国道233号線に出るがだんだん失速気味になる。
どうやら、足が売り切れつつあるのと、かすかな向かい風が原因か。
あれほど、PC以外では止まらないと言っていたのに、峠下で休憩。
一口アンパン食べて小休止。
これで大分回復して、道道に入りPC3の沼田を目指す。
沼田が近づくににつれ、向かい風が強くなる。
北海道1200の練習だ。
ここは納沙布岬だと思いながら、20km/hを切るような速度で沼田を目指す。
先行していた方に追いついて抜こうとしたら、昨年の大雪600で抜きつ抜かれつをしたGIANTとLOOKの二人組みの方だった。その時は最終的には千切られたのだけれども
御挨拶と今年のブルベの予定をお伺いしながら走ります。
北海道1200にもエントリーされているとの事、たぶん同じ位のペースでしょうから、宜しくお願いしますm(_ _)m
結局、向かい風が強いので、後ろで楽させてもらいPC3の沼田へ。

14:37 PC3 沼田 セイコーマート着(予定到着時刻16:00)
ボトル用のお茶と大福、赤コーラを補給して、この先の雨竜の道の駅に止まる予定なので、短い休憩で出発。
ここからが地獄の向かい風の始まりだった

強烈な向かい風が続く(涙)
いつまでも、いつまでも。


20km/h出すのがやっとの状態。
こういう時は食べ物を事を考えるのが一番 その1
道の駅「田園の里うりゅう」で食べるかまぼこを思い描きながらペダルを回す。

15:45 道の駅「田園の里うりゅう」着(予定到着時刻17:10)


2014年05月24日039
PC3から約20km 約1時間かかっているので、この間の平均速度20km/h(平地なのに)
お約束の雨竜米揚 350円(税込)
2014年05月24日042
毎年これを食べるのが留萌300の決まりになっている(身内でのこと)
だんだん気温が下がってきたので、シューズカバーをつけて出発。

向かい風は一向に止む気配もなく、吹き荒れる。
下ハンドル握って、懸命にペダルを回すが、
平地なのに18km/h(大涙)

たまに風が更に強くなると、16km/h(大大涙)

新十津川に近づく頃には
体力・脚力の限界が近づいてきて、
15km/h(いい加減にしてほしい 大大大涙)


新十津川から青山に右折すると、強烈な横風に見舞われるが、先程に比べたら無問題!
山の中に入って行くとその横風も納まった。
そうなると、「さぁ~て、今までの遅れを取り戻すぞ!」とはいかないで、ホッとして力が抜けた。
だんだん青山の上りにかかり、
「今度は坂~。カンベンして!」
正面の青山の天気はどんより雨が降っている様子。
2014年05月24日046
テンション激下げ↓!
・・・・
こころが折れた
・・・・

残りの一口アンパンを食べて、朝、noriさんから頂いたアミノバイタル飲んで、
雨に備えて、上下とも雨具を着て、ありとあらゆる方策を施した。
2014年05月24日045
しかし、一度折れたこころはなかなか元には戻らず、
それどころか、雨具を着て、体が暖まってくると、今度は眠気がやって来た。
「眠い、眠いぞ~」と独り言を言いながら坂を上る。
「田園の里うりゅう」で自販機にレットブルがあったのに買えば良かったと後悔しながら眠気と疲れと戦う。
あまりの暑さと眠たさに、雨も降っていないので雨具を脱ぐ。
これで少し眠気が和らぐ。
少し寒いくらいが良いのね

18:17 クイズポイントの青山トンネル到着。
2014年05月24日047
PC3の沼田からここまで55.8kmを3時間40分。時速15.21km(涙)
2014年05月24日048
クイズポイントの答えを書いて、先を急ぐ。
青山四番川の交差点(旧PC4)を左折。
ここから私の頭は、あと2回坂を上れば、後は下り。
そうすれば、当別のPC4のセブンイレブンでレットブルが飲める!
頑張れ!自分。

途中2度休憩を入れて頑張った。
こういう時は食べ物を事を考えるのが一番 その2
過去2回の留萌300のブルベでは、当別のPCでカップヌードルを食べて、その日の夕食にしていたが、
今回はもう少し早く着きそうなので、帰りにすき家に寄って牛丼と豚汁のセットを食べようと妄想を膨らませる。
温かい豚汁はうまいよねェ~と相方と話しながら、その為に頑張ろうとペダルを回す。

ヘロヘロになりながら、PC4の当別セブンイレブンに20:38着(予定到着時刻21:30)
眠気覚ましにレットブルと補給は帰りのすき家の豚汁の為におにぎり1つに押さえて出発。
しばらくすると、眠気も消えて、足取り軽く、こころはすき家の豚汁♪(レットブル最高!)

21:41 GOALの「さとらんど」到着(予定到着時刻23:00)
2014年05月24日049
300kmを 15時間41分で相方と二人でGOAL!
GOAL地点のさとらんど交流館の明かりがうれしかったこと!
ゴール受付を済ました我々に、AJ北海道さんから、
な!な!なんと!!おにぎりと温かい豚汁

あまりにもうれしくて、写真を撮るのを忘れてしまいました。
R0010894

写真提供:AJ北海道

冷えた体に沁みる~!最高~です!美味しかったです!!

しばし、AJ北海道の皆様や同時期にゴールされた方とお話して、最後にはコーヒーまで頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m
前半のハイペースと後半の暴風ブルベ、2つのブルベを一度に楽しませて頂きました。

だんだんお尻に根が生えてきそうになったので、お礼を言って自転車を車に積んで帰宅した。
当然、すき家に寄らず真っ直ぐに。


最後になったが、これを書き忘れないように。
十勝200に続けて、またしても降水確率50%の中、雨に当たらずゴールしたことで、
私が「晴れ男」であるということが、
「自信から確信に変わった」(by 松坂投手)瞬間でもあった。

(次回付録)