(つづきです)

10月9日17:41 191.5km地点 PC3 セイコーマート本桐店出発(予定 18:50)
これでも予定より1時間以上早いのよ。
復路は私と相方といつも声を掛けて下さるM川さんの3人で出発した。
既に日が落ち、真っ暗のこのコースを走るのは、なるべく多い方が良いからね。

気温は下り、手足が寒いを通り越して、痛く感じて来た。
吐く息が白い。
わざとケイデンスを上げたり、ダンシングしたりして、強度を上げて体温を維持する。
空を見上げれば、月は煌々と輝いているが、雲が多くて、星はそれほど見えない。
目の前を、たぬきと思しき小動物が2度ほど横切る。
そう言えば、犬に往路で3回、復路で2回、急に吠えらえてビックリしたが、恐れていた放し飼いの犬はいなかった。

19:05 218.1km地点 A-COOPしずない店通過(予定 20:10 前回 21:59)
20:05 233km地点 ステルス峠通過
後で調べたら、この時この近くの新冠町新和で5.9℃だったらしい。
そりゃ、寒いわな(涙)
20:18 豊郷簡易郵便局を過ぎた260km地点あたりのグレーチングが道路一杯にいくつもある狭い坂道、
辛かった~
脚は削られているは、本桐を出発して3時間半を過ぎて、ハンガーノック気味になるわで、
参りました。m(_ _)m
持参の一口アンパンを食べて、最後のひと踏ん張り。

22:00 義経峠を越えて、
平取のリサイクルセンターが見えた時は、ホッとしましたよ。
22:20 274.5km地点 PC4 ローソン平取本町店到着(予定 23:00 前回 01:48 close 02:20)
2016年10月09日034
時間の貯金を29分使ったことからも、大変なことが分かるというものだ。
ここで、本日初めてのレットブルと炭火で炙った焼豚丼とボトルに烏龍茶を補給した。
この気温が低い中でも、ボトルの中身を飲み干すというのは、如何に坂ばっかということだ。

PC4にはAJ北海道のスタッフのkiyatchiさんがいらして、声を掛けて下さった。
この寒い中、お疲れ様です。m(_ _)m
そう思っていたら、
お昼に平取のくろべこでカルビ丼を食べたらしい。
くろべこ
「めちゃくちゃ美味しいです。」ということだ。

・・・・・

ホ、ホー、私等が坂を必死で登っている時に、カルビ丼喰っていたわけね
増してや、私がグルメを封印している時に。
そりゃ、美味しいでしょうよ

更にkiyatchiさんのブログでは、
夕方に、厚真のこぶしの湯の中にあるレストランで、ぶた丼特盛 を食べたらしい。
豚丼
言うに事欠いて、
「お腹いっぱいです。普通盛りで十分でした。でも、大満足です。
十分においしかったのですが、牛のカルビの後だとさすがに少し不利です。
と、来たもんだ。

・・・・・・

呪いをかけてやる!(爆)


22:43 PC4を相方とM川さんと3人で再び出発。
前回、相方がDNFしたところを過ぎて、
23:31 292.4km地点 右折して国道235号入る。(予定 00:30)
00:05 臨港大橋の上から、苫小牧フェリー発着所の夜景を写し、
2016年10月10日001
00:44 318.5km地点 沼ノ端通過。左折(予定 01:45)
05:06 336.9km地点 PC5 サンクス苫小牧澄川店到着(予定 02:45 前回 06:02 close 06:28)
2016年10月10日007
こちらでは、レットブルが無くて、リアルゴールド ワークスに、CoCoチーズカレーまんとからあげ棒を補給した。
2016年10月10日006
やっぱり、レットブルの方が私には合っているようだ。

・・・・・・

何か、変ですか???

・・・・・・

沼ノ端からPC5まで、18kmを4時間半近く掛かっているのはおかしいって???

・・・・・・


・・・・・・

申し訳ございません。m(_ _)m

ちょっとした、出来心なんです。

いや、これは全て、相方のせいなんです。


話はPC4の平取に戻ります。
私が炭火で炙った焼豚丼を食べていた時に、AJ北海道のスタッフのkiyatchiさんに、
「mugenさんは、苫小牧でグルメをするんでしょう。」と言われたのですよ。
それで私は、
「いやいや、今回はグルメをしないのがチャレンジですから、真っ直ぐゴールを目指しますよ。」
そうしたら、横から相方が、
「グルメをするくらいなら、自遊空間で下着と靴下を替えて、仮眠を摂りたい!」と言うのです。
当然私は、
「真っ直ぐゴールして、早く家に帰って、風呂に入って、ビール飲んで寝た方が良いじゃないか!」と言いますと、
相方は、
着替えて体を暖めて、仮眠を摂った方が、安全に走れるでしょ!」と言い、
私は、
「でも、ブログで宣言しているし、・・・・」
すると相方は、
ブログの読者と私とどっちが大事なの?

「私、泣き崩れるわよ!」
■函館400のPC5福島での相方 作品名 『泣き崩れる女』
2016年09月19日005
ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~

参りました。m(_ _)m 貴方の言う通りに致します。

■ここまでの再現部分は、多少デフォルメされている事をご理解下さい。(笑)


という訳で、相方を再び『泣き崩れる女』にしないために、
01:10 326km地点 自遊空間 苫小牧店さんの前で、M川さんと別れ、我々は自遊空間に寄ったのである。
2016年10月10日003
元々、自遊空間の会員になったのは、3年前の本桐400の時に仮眠をする為だったのだ。
その時は仮眠どころかクローズギリギリで、時間の余裕が無くて立ち寄っていない。
云ってみれば今回、3年越しの悲願の達成!みたいなものだ。(←ちょっと大げさか(笑))

自遊空間のファミリールームに入ると、そこのテーブルの上には、メニューが置いてあるではないか。
つ、つい、出来心で
タルタル肉厚とんかつプレートなるものを電話口で話していた私。
2016年10月10日005
そうしたら、お店のスタッフさんが、何故かタルタル肉厚とんかつプレートを持って来てくれました。
電話口で話すと注文したことになるんですね。
知らなかった~(笑)
相方は胃の調子が良くないというので、胃の調子が絶好調の私が仕方が無いので頂きました。

オイヒー!\(^o^)/!

グルメをしないというチャレンジは失敗!
でも、全然悔しく無いもんねェ~(笑)


02:00前、フリースのブランケットを被って、消灯して仮眠。
04:00 起床
少しウトウトしただけだが、暖まる事が出来たのと、体を横にしていたので大分楽になったような気がした。
相方だけではなく、私も半袖機能下着から長袖メリノウール下着に、そして厚手の靴下に替えた。
04:26 自遊空間 苫小牧店さん出発
自遊空間を出たところで、今回初ブルベのNさんと出会い、苫小牧の市街でitouさんをパスして、
05:06 336.9km地点 PC5 サンクス苫小牧澄川店到着というのが、実際の話でございます。
この内容にウソ、偽りはございません。m(_ _)m


話は戻って、
PC5で休んでいると、間もなくitouさん、続いてNさんも到着。
私がCoCoチーズカレーまんを食べていると、itouさんは早々とPC5を出発。
itouさんは速い速度で走るタイプではないが、いつもキチッと時間をマネージメントして完走するタイプだ。
それでいて、美味しいラーメンは抜け目なく食べて来るところなど、中々隅に置けない方だ。(笑)
見習わなければならない点が多いといつも思う。

残された私と相方とNさんで少しだけお話をした。
Nさんは今回が初のブルベで、200、300、400、600とあるブルべの中で、一番キツイと言われている400kmの、よりによってキツイと言われているこの本桐400を初ブルベにするというのは、
怖い物知らずというか、良く分かっていないというか、・・・。

彼の良い点は、このブログの読者である事と、
平取から本桐の間で私が彼をパスした時に、
「熱血スポーツブログ、読んでます!」と言ってくれたところだ。(爆)
是非完走をして、ブルべ沼にはまって貰いたいと思った。

仮眠を摂っていないということだったので、
「5分でも10分でも、膝を抱えて、体が冷えない様にして、目をつぶっっているだけでも大分違うよ。」とアドバイスした。
すると彼は、エマージェンション・シートを出して、体を包んで休んだので、
「あまり長居をすると、動きたくなくなるので注意して」と言って、我々は先に出発した。

05:27 PC5出発(予定 03:15)
PC5を出発するころには明るくなった。
今日は天気は良さそうだ。
朝日を後ろから浴びながら樽前山のモラップまでの坂を登る。
2016年10月10日008
11.2kmで413m登る平均勾配3.6%の坂で、イメージ的にはそんなにキツイ登りだと思っていなかったが、
なんの、なんの、ギアはファイナル・ギアでスピードは一桁だ。
大体340kmも走った後に、ここを登らすコースって、何の罰ゲームですか!(涙)

06:31 351.9km地点 樽前山のモラップ通過。右折(予定 04:30)
07:02 361.7地点 支笏湖温泉街通過(予定 05:00)
我々が支笏湖温泉街を通過した時の気温が、後で調べたら6.0℃だった。
寒いはずだ
2016年10月10日009
札幌方面の空は黒くドンヨリしている。
雨が降り出す前にゴールしたいと先を急ぐ。
2016年10月10日011
07:22 369.3km地点 ポロピナイ通過(予定 05:25)
予定では、ポロピナイで休憩の予定だったが、体を止めると寒くていられないので、スルー。
ポロピナイから登り始めて間もなく、対向車線で停まっていた方に、
「今日は何キロなんですか?」と声を掛けられた。
「400~!」と答えると、
「ガンバッテ!」と声援を頂けた。
アッザース!m(_ _)m
この急な坂で声を掛けられて、元気が出ましたよ。

そうは言っても、「ようこそ支笏湖へ」の看板まで、10.6kmで獲得標高426m、平均勾配4.01%の坂だ。
脚は残っていないわ、路面は凸凹だわ、寒いわ(下り)、暑いわ(登り)、眠たいわで、
もう、ひっちゃかめっちゃかですわ(涙)
考えてみたら、今年初のポロピナイからの登り、
初ポロピですもの。(去年は登っていないし
08:10 380.5km地点 「ようこそ支笏湖へ」到着
コチラが一般的な札幌側。
2016年10月10日014
コチラが割と皆さん知らない支笏湖側ですわ。
2016年10月10日016
後から来る相方を10分ほど待って再スタート。(相方の体調が戻ったら、逆になるんですけれどもね
08:31 385km地点 恵庭湖との三叉路通過(予定 06:45)
09:18 402.0km地点 GOAL 真駒内川緑地到着(予定 07:30 前回 10:42 close 11:00)
2016年10月10日018
25時間18分 タルタル肉厚とんかつプレートでゴール!

予定よりも1時間48分遅くとも、しない予定だったグルメをしてしまっても、本桐400ならビクトリー!

それにしても、皆さん早過ぎ!
もっと秋の日高路を、紅葉を、坂を楽しんだ方が良いですよ(笑)
まあ、イイんですけどね。後ろの方は私とitouさんがガッチリ押さえておきましたから(爆)

寒い中、AJ北海道のスタッフの皆様お疲れ様でした。
Marioさん、stakahashi君、早々とゴールしたnoraさん、
それから、カルビ丼とぶた丼特盛を食べたので、余り言いたくないけれどもkiyatchiさんも(笑)
ありがとうございました。m(_ _)m


これで今年のAJ北海道さんの全てのブルベが終了した。
考えてみたら、AJ北海道さんの北海道1200をはじめ、今年の7つのブルベ全てにエントリーさせて頂いた。
結果は北見200のDNSを除いて、完走出来た。
どのコースもチャレンジしがいのある面白いコースだと思いました。
来年のコースも楽しみです。
また、来年も宜しくお願いします。


次は10月ブルベ、チャレンジ3連戦の2戦目、空知スイーツ200が次の日曜日に迫って来ている。
第1戦はこの様にチャレンジ失敗に終わったが、2戦目こそはチャレンジ成功といきたいものだ。
掟破りのアップルパイ3連発のスイーツ祭り!とハムオ君のエスコートするmugenの恩返しだ。
天気も良さそうなので、楽しみだ。
参加の皆さん、スタッフさん、よろしくお願いします。


(おわり)