ブルベを始めて5年目のブルベのシーズンが、先日の薄野200で終わった。
気がついたら、いつの間にかブログ開設して丸3年が過ぎ、4年目に突入していた。
投稿数も262にもなった。
何事にも飽きっぽい自分が、よく続いたものだと思う。
元々ブルべを始めて2年目の大雪600を完走して、初めてSR(Super Randonneur)が確定した時に、
949

SRが夢だった私が、SRを取った後はどうするの?

初めて600kmを走り、相当ヤラレて、ゴール後、「もう、600kmは走らない!」と思っていた私が、
・ブルベを卒業して、テントと寝袋を積んで日本一周の旅に出かけるのか?
・更に壊れて?、まだまだブルべにチャレンジするのか?
・はたまた、自転車に飽きてしまい、ゴルフでも始めるのか?
を書き留めたくて始めたものだった。

差し当たって、大雪600を完走した事で、翌年に行われた最初の北海道1200 納沙布岬verの参加資格が得られたので、それを目標としてやってみようと思っていた。

そんな訳で始めたので、私の「夢のかなた」の最終回のイメージは、
映画「愛と青春の旅立ち」のラストシーンで、
リチャード・ギアがデブラ・ウィンガーをお姫様だっこして、仲間が拍手をしている中を、去って行くように、
愛と青春の旅立ちa
私が相方をお姫様だっこして、スタッフの皆さんやkaba3さん、takedaさん、penさんやnoriさんが拍手する中、北海道1200のゴールに着いて、
「夢のかなた」終了!というイメージだった。(←ホントか???(笑))
もちろんBGMは、ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズの「愛と青春の旅立ち」が流れているイメージだ。
 

そういう予定だったのに、
ご存知の通り、2年前の北海道1200 納沙布岬verは台風8号が直撃したことで、私が美幌峠まで行った時に中止になった。

私の「夢のかなた」の結末は、台風で中止!
brm709cancelledx3

最終カットが、美幌峠の自販機組か便所組。
錦鯉がたくさいる池のようなシーンだ。(爆)
■写真はチコリンさんからお借りしました。
13615421_844693588997562_1447290061677897268_n

これじゃあ、あまりにイメージと違い過ぎるじゃないか。(大涙)

その後行われた懇親会で、AJ北海道の長勢代表は、
GR002081
「今回中止となったが、近いうちにリベンジをしたい。」と仰ったが、
その言葉は、今まで私に「また電話するね。」と云った東京の女の言葉と同じで、信じられなかった。
過去そんな女はたくさんいたが、一人として電話を掛けて来た女はいないのだ。(←何の話になっているんだか)
目標を失った中、私の「夢のかなた」は、なんとなく続いた。

しかし、長勢代表は女だね!(普通は「男だね」というところだが、女性だから)
その約束を果たしてくれて、2年後の今年、北海道1200 納沙布岬verが開催されることとなった。
「夢のかなた」に新たな目標が出来た。
そして今年の北海道1200 納沙布岬ver、
念願の完走を果たし、ゴールの滝野自然学園でスタッフの皆さんが拍手で迎えてくれたが、
ゴール直前の豪雨と1200kmの疲れで、
相方をお姫様だっこしてゴールするのを忘れてしまった。(←ホントか???(笑))
2016年07月18日016
しかし、当初のイメージとは違うが、一応の区切りがついたような気がした。


一方で最近有り難い事に、このブログを読んでいる方に声を掛けて頂ける機会が増えた。
ブログにコメントを頂けることも多くなった。
また、たまに、「mugenさんのブログを読んで、ブルべを始めました。」なんて、嬉しい事を言ってくれる方もいたりする。
本当に有り難い事だと思っている。
多少、このブログのコンセプトを理解していなくて、グルメブログと勘違いしている方がいるのが残念だが(爆)

どちらにしても、
私、褒められて伸びる子なんです。
ありがとうございます。m(_ _)m


ブルベやブログを通して、知り合いになった方もたくさん出来た。
それまでの友人と違い、職業、年齢、住んでいる所が違っても、自転車の能力が違っても、
「自転車」という趣味が同じというだけで、話が弾むし、美味しいお酒が飲める。

スゴくうれしい事だ。

日本のスポーツは結果にこだわり過ぎるような気がする。
もちろん、勝負事として成績や勝敗も大切だけれども、スポーツの楽しみはそれだけではないと思う。
年齢と共に、体力が落ちるのは仕方がないことだ。
あまり結果に拘ると、成績が伸び悩むと面白くなくなってしまうと思う。
そのせいなのか、欧米と違いスポーツを長く続けている人が少ない様な気がする。
それぞれの能力で、それそれが全力を尽くして楽しむ。
そこにあるには優劣じゃなくて同志なのだ。
そして、そのスポーツを通して親しくなれる。
そういうシンプルな楽しみ方が大切なんだと思う。

stakahgashi君やima君など、若い彼らを見ていると、正直、もっと若いうちに自転車をやっておけば・・・と思う事はある。
宿敵N&N君などは、10年違えば、彼の前で最後の一品を食べてやる。と思わないでもない。(笑)
また半面、K父さんやyyyさんなと、どうして〇〇なのに、そんなに走れるのか?という人もいる。
ファットバイクで走るkaba3さんや小径車で走るクライマーMさんや泥人形君、固定のシングルギアで走るtotty君、ママチャリで走るOTKさんなど、わざわざ負荷を掛けて走る人もいる。
つくづく、いろんな人がいるわ!と思わざるをえない。
そして、みんな一所懸命頑張っている姿はカッコいいし、美しい。
そういう方々は自分の目標だ。
自分もそんな人達の仲間になりたいと思うのだ。

自転車は速さを求めるだけでは無く、ロングライドやポタリング、きれいな景色を見たり、写真を撮ったり、美味しい物を食べたり、美人女将に会ったり?、色んな楽しみ方があると思う。
自転車自体も、ロードバイク、小径車、MTB、クロスバイク、ファットバイク、リカンベント等いろいろある。
だから、長く楽しめると思うし、長く楽しみたいと思う。


このブログも4年目に入り、たくさんの方が訪ねて来てくれるようになった。
私の寝言の様な文章に多くの方が付き合って下さるのは、本当にありがたい事だと思っている。
これからも、このブログを訪れてくれる方々に、
涙無くして読めないような”熱血スポーツブログ”として(←ココ重要)、
笑いを いや、感動を与えられるよう頑張りたいと思うのだ。


自転車を主としている当ブログにとって、ネタの無い厳しい季節がやって来た。
来年の春になるまで、細々と更新したいと思っていますので、よろしくお願いします。


(おわり)