(つづきです)

時は1日目(15日)17:05 場所は北見峠の頂上。
2016年07月15日038
これから北見峠の長い下りに入るという事で、ウィンドブレーカーを着ながら、
「明日、明後日は美幌峠、その次は狩勝峠と一日一つ大きな峠を越えれば良いだけだから、そこはゆっくり登って、頑張って完走しよう!」と、相方を励ました。

北見峠の遠軽側は本当に長い。
ダラダラとした緩い勾配の坂が延々続く。
「よく大雪600の時は逆方向に上ったものだ。」と感心しながら走る。
18:23 途中丸瀬布のセイコーマートにてトイレ休憩。
眠気予防のレットブルを初投入して、大福を補給。
18:39 夜間装備にして出発。
19:17 284.6km地点 PC2 セブンイレブン遠軽豊里店 到着(予定 20:10 close 00:00)
赤コーラとサンドイッチを補給。

19:37 どこで寄り道していたのだか、後から来たtakedaさんと、先に到着していたmatsuさんと相方と私の4人でPC2を出発。
夜の峠越えは、良く知った仲間と走るのは心強い。
ありがたいことです。m(_ _)m

すぐ、台湾の方のトレインに追いつき、総勢10名位の集団で進む。
今年は黒松内300で少ししか夜間走行をしていない。
金華峠に向けて霧というか小雨が降って来たので、集団で走っていると明るくて走りやすい。
金華峠は228mを登る峠だが、生田原側は思ったほど勾配がきつくはなく、登れた気がした。
日が暮れて気温が下がって来たのと、この集団が割とゆったり進んでくれたので、相方には幸いしたようだ。
相方も特別遅れることなく金華峠を越えられた。
20:47 310km地点 金華峠 通過(予定 22:00)
21:04 318.9km地点 左折して国道39号に入る所のローソンでトイレ休憩。(予定 22:30)

21:15 ローソン出発。
takedaさんを先頭に相方、matsuさん、私の順に走ります。
段々疲れが出て来てたので、最後尾で楽させて頂いた。
北見市街を抜け、若松市民スキー場の坂を登り、
22:39 351.4km地点 PC3 北見市自然休養村センター 到着(予定 00:00)

予定より1時間21分も早く着いた。
結果的に相方が完走出来たのは、この時のtakedaさんとmatsuさんのお陰と言って良い。
北見峠で心が折れていたのを、遠軽から北見までの67kmを、安定したスピードで牽いて貰ったお陰で完走への光が見えたのだと思う。
takedaさんとmatsuさん ありがとうございました。m(_ _)m

北見市自然休養村センターは前回以来だから2年振りで懐かしい。
普段スキー置場に使っている小屋を、一時的に自転車置場にして停めさせてもらう。
2016年07月15日042
2016年07月15日041
そしてこちらがPC3の北見市自然休養村センター。
2016年07月15日043
通過チェックを受ける所で、丁度出発するN&N君に出会う。
■写真提供:iwanさん
28147818810_e41e6c9cb7_o
これから美幌の宿まで走るとか。
速いね。気を付けて!

私はドロップバックを受け取り、指定された2Fのお部屋で寝床を確保。
今回もこんなメッセージを掲げて頂いて、ありがたい事だ。感謝!
2016年07月15日046
それからトイレに行ってから、食事の為にロビーへ戻る。
相方は既に食事を済ませ、眠たいので先に寝ると言う。
「明日は何時に出発?」と聞くので、
「04:30に出発するので、その30分前にここで食事をする。」と答えた。

一人で飯食べるのかよと、思ったが、
とりあえず、DNFの話は無くなったようなので、良しとするか!

相方が寝る為に部屋に行くのを見送ったあと、アイランドの食材を物色する。(笑)
■写真提供;iwanさん
28398098516_d8f80ce8c0_o
頂いてきたのは、オレンジジュース、カレーパンとピザパン、チーズケーキ、セイコーマート製ウイダー・イン・ゼリー、サラダ2種、豚汁にカップそば、一番奥が焼肉味のクッキー。
2016年07月15日045
寝る前なのに、これが全部食べられるから不思議(笑)



2日目です。おはようございます。
昨夜は00:30頃就寝し、03:00頃起床した。
今回は耳栓を持参していたので、ばっちり眠れた。
本当は03:30まで寝ているつもりだったが、03:00にトイレに起きてその後寝れなかった。
でも、集中して寝ることが出来たので、割とさわやかな朝だ。
04:06 身支度をしてロビーに行く。
2016年07月16日001
朝食を食べていたら、なんと、stakahash君に声を掛けられた。
エーッ、もう帰って来たの~!
って思ったら、体に違和感があったらしく、無理をせずにDNFしたという事だ。
まず、思ったのは、「私に勝てないと思って逃げたな??」

・・・・

ウッソで~す。(笑)


冗談は抜きにして、いろんな考え方があると思うが、DNFを決断出来る勇気は大切だと思う。
所詮、遊びなのだから、怪我が長引くようならDNFの方が正しいし、日常生活に支障をきたすようなら、社会人としてそっちの方が拙いと思う。
DNFをして一番悔しい思いをしているのは、決断をした本人に違いなく、他人がとやかく言えるものではない。
今回、相方もDNFを迷いながら、運よく完走出来たが、それで後遺症が残ったり、体調不良が長引いたりしたら、愚の骨頂だ。
所詮、どの程度の体の不具合なのかは、本人しかわからないので、周りの人間は見守る事しか出来ない。

とにかく、stakahashi君には、早く体を直してもらい、一日も早い復帰を期待したい。
なにせ、彼は数少ない私の好敵手なのだから。(爆)
お大事に。


そろそろ出発しようと思っていたら、関西から参加のyoneちゃんと会った。
何でも、我々よりも20分後のスタートで、北見まで一人で走って来て淋しかったらしい。
それなら一緒に走りましょう!とPC3を一緒に出ることにした。

ブルベ2日目(16日) 本日の予定は、PC3の北見市自然休養村センターを出発、美幌峠を越えて、PC4の別海町民体育館を経て、通過チェックの納沙布会館を折り返して、PC5の別海町民体育館までの293.8km、獲得標高1,671mと初日よりは楽な工程の予定だ。
北海道1200_2日目

コチラが昨夜遅く、自転車を停めた自転車置場だ。
2016年07月16日004
04:27 北見市自然休養村センター出発。(予定 04:30)
2016年07月16日003
相方とyoneちゃんと軽快に走る。
2016年07月16日007
と、思ったのも束の間、
04:56 スタートして13km地点で相方が後輪パンク。
2016年07月16日008
yoneちゃんには悪いので、先に行ってもらう。
05:10 パンク修理終了、再スタート。

05:30頃 美幌の街を抜けて美幌峠を目指す。
前回は夜で雨の中走っていたので、勾配が分からず、割とすんなり登れたような記憶があったが、
今回は朝靄が出ているとはいえ、明るいので勾配が見えて心を折る。
この日も相変わらず相方の調子は芳しく無く、勾配がきつくなると途端にスピードダウンだ。
そんな相方を励まして、美幌峠の頂上を目指す。
頂上に着けばご褒美の絶景が待っているはず。
07:01 398.5km地点 美幌峠頂上到着(予定 07:00)
2016年07月16日011
何も見えません!(TдT)

それではと、伝説の公衆便所を。
2016年07月16日012
ここが2014年7月11日02:00頃、夜明けを待つランドヌールでギューギュー詰めになった噂の場所だ。(笑)
私はただ単にトイレに行こうとこの公衆便所の扉を開けたら、多くのランドヌールが入口を一斉に振り向き、
その迫力で、おしっこが止まり、
「お呼び出ない。こりゃまた失礼!」と帰って来た場所である。」(爆)

今はまた、もとの平凡な公衆便所に戻っていた。(←当たり前(笑))

07:13 美幌峠 頂上出発。
少し下って、頂上からは見えなかった屈斜路湖が見える所があったので、止まって写真を撮る。
ブルベは旅だからね。
2016年07月16日013
yoneちゃんも来たので、写真を撮ってあげた。
2016年07月16日015
業務連絡:yoneちゃんへ
写真データを送りたいので、メッセージ欄(コメント欄とは違う)にメールアドレスを残して下さい。
それと、ブログやっていたんでしたっけ? そのアドレスもよろしく!
私がカッコよく描かれているかどうかチェックしなくっちゃ(笑)

美幌峠を気持ちよく下って、弟子屈へ。
明日は、ここを登るんだよな。と思うと、気持ちはちょっとブルー

08:21 弟子屈のセイコーマートやまな店さんで朝食休憩。
そこは、数多くのランドヌールが朝食を摂っていた。
気温が上がって来て、やっぱり眠気が出そうなので、本日は朝からレットブル投入。
朝食は刺激のあるカレーヌードルとおにぎり2つ、
ボトル用の烏龍茶と補給用のウイダー・イン・ゼリーを購入。お店の横で頂く。
互いに昨夜は睡眠が摂れたかどうか、体調はどうかなど情報交換。
AJ北海道のスタッフの方が巡回してくれて、元気づけてくれる。
08:54 セイコーマート出発

08:56 429.3km地点 左折して弟子屈通過(予定 08:30)
そろそろ、先頭の方と交差する時刻が近づいて来た。
stakahashi君がDNFした今となっては、先頭に方のとの勝負だ。
すれ違う予定はココから7.5km先のスノーシェルターの出口で、08:54だ。(もう過ぎてるし
勝負2
こっちも遅れているが、向こう(先頭)も遅れているかもしれない。
弟子屈を抜けてしばらくすると、傾斜がきつくなる。
オイオイ、ステルス峠じゃん
考えてみれば、勾配がきついので、冬の間雪で車が滑らない為に屋根を掛けているんだから、当たり前なんだけど、
私、峠と名前が付いていない上り坂は大キライです!
(峠の名前が付いていてもキライだけど


09:23 439km地点 仁多スノーシェルター通過(予定 08:54)
2016年07月16日017
先頭の方は、落合さんか、三船さんか、どなたか分からないが、見当たらない。
例え予定時刻より遅れていても、
これは私の完全勝利!\(^o^)/!\(^o^)/!

ちなみに、先頭の落合さんと交差したのは、5キロ位先の虹別辺りだった。
突然現れたので、写真を撮る事が出来なかった。
2番目の戸田さんと出会ったのは、10:06 8キロ先の457km地点。
2016年07月16日018a
3番目の三船さんと出会ったのは、10:21 西春別の先の462km地点だった。
2016年07月16日019a

09:50 449.4km地点 虹別通過(予定 09:30)
予定よりは遅れているとはいえ、勝利を噛みしめながら進んでいると、yoneちゃんと相方と私の他にPIPIさんがご一緒していた。
2016年07月16日022
みんなで参りましょう!
2016年07月16日024
広大な酪農地帯を進みます。
こういうスケールの大きなところは、スピード感が無くて困るのよ

11:23 489.9km地点 PC4 別海町民体育館 到着(予定 11:30 close 13:40)

2016年07月16日027
ほぼ予定通りの到着だ。\(^o^)/
2016年07月16日025
今のところ2日目は曇りで走りやすい天候だが、納沙布岬の天気はどうなのだろう。
風は吹くのであろうか?
スマホを持たない情報弱者な私には分からないが、きっと大丈夫だろう。
だって、おみくじに「楽しき旅になる」って書いてあったから。
まさに情弱!(爆)


ゴールまであと714.3km。


(つづく)