私にとって今年の最大のイベント、「BRM715北海道1200km納沙布岬Ver.」が去る7月15日から4日間に亘って行われた。如何に55歳になったばかりの貧脚ジジイがチャレンジしたかを、しばらくの間、綴って行きたいと思います。
お付き合いの程、よろしくお願いします。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
コースは季節外れの台風の為に中止になった2年前とは若干変わって、
1日目はスタート地点のつどーむを朝5時に出発し、当別から青山ダムを通り、新十津川、沼田まで北上し、旭川のバイパスを通り、上川から1日目の大ボス「北見峠」を越え、遠軽、留辺蘂を通って、1日目の宿泊予定地の北見市自然休養村センターまでの351kmを予定していた。
2日目は北見市自然休養村センターからこの日の大ボス「美幌峠」を越えて、弟子屈、別海、厚床、根室を通り、目的地の納沙布岬へ行き、再び、根室、厚床、別海町民体育館までの293kmを予定。
3日目は、別海町民体育館から弟子屈を通り、この日の大ボス「美幌峠」を越えて、北見市自然休養村センターで休憩後、津別、陸別、足寄、士幌、鹿追、新得までの316km。
最終日の4日目は、新得を出発し、この日の大ボス「狩勝峠」を越えて、かなやま湖スポーツ研修センターで休憩後、日高、平取、鵡川と南下した後、安平、恵庭を通ってゴールの滝野自然学園までの242kmを予定していた。
もちろんこれは私の予定で、早いトップの方は50時間を切ってゴールしているので、全然行程が違います。
2016年北海道1200
天気予報では、概ね良く、曇りがちであるが、雨は降らない予報で、またとないブルべ日和ということだった。


話はスタート前日の7月14日から始まる。
今回の受付は前日受付だ。
前回は当日になって集中して仕事が出来ずに、オープニング・セレモニーぎりぎりで会場に行ったので余裕がなかった。
今回はその経験から早く行こうと思って、朝から早起きをして仕事を片付けようとした。
しかし、今回も同じ轍を繰り返し、中々仕事が終わらない。
「今回もヤバイな」と焦って仕事をしていたら、突然プランが閃いて(俗に云う「天使が降りて来た」)、仕事が12時過ぎに無事終わった。
「オレって、やれば出来る子じゃん!」と、気持ちよく14時過ぎ、受付会場のつどーむに自転車を車に積んで向かう。
天気予報では14日は天気が悪いという予報だったが快晴だ。
「こりゃ、幸先が良いぞ!」
北海道神宮さんもそう云っていたしね。(^_^)v
14:30頃、つどーむに到着。
2016年07月14日008
自転車を組み立て、裏側入口より入り 14:50 受付をする。
2016年07月14日002
PC3の北見へ荷物を運んで貰うドロップバックを預けて、外で車検を受ける。
2016年07月14日004
その間も、次々と仲間が現れ、挨拶や雑談を交わす。
2016年07月14日005
皆、目がキラキラ輝いていて、もう既にブルべモードに入っている感じだ。
■写真提供:ishi君
27826851263_0f667c748d_o
50さんご夫妻(奥様は今回参加しないけれども、スタッフをされておりました。)、
私との勝負に賭ける??stakahashi君、
久しぶりに会う関西から参加のymdさん、yoneちゃん、
根室から自動車出来て、自転車で帰る??itouさん、
コツコツ走って、先に行っちゃうM川さん、
いつものメンバーのIshi君にN&N君等々、
更に、台湾から来られた方々や、
体の造りが違うアメリカなどから来られた白人の方々(どうして白人の方は自転車が似合うのだろう?って、いつも思う。)など、
さながら「ブルべの祭典」と云った感じだ。

でも、平日の午後3時なんですけれども。
普通の人は働いている時間なのよね。

でも、イイ~ンです。
自転車で1200kmを走ろうとしている普通じゃない人達ですから(笑)

15:30 自転車をばらして、つどーむを後にして自宅へ戻り、翌日の準備をした。

18:00 松尾ジンギスカン 駅前店さんにて、有志11名による前夜祭。
2016年07月14日013
明日からの作戦や、美味しいお店の情報交換。
2016年07月14日009
北海道らしくジンギスカンの食い放題とビール等の飲み放題でエネルギーを蓄える。
2016年07月14日011
ゴール翌日の「さよならパーティー」は札幌ビール園でジンギスカンだが、味付きと後漬けじゃ別物なのよ!
大根おろしを挟んで食べるとか、すき焼き風に溶き卵につけて食べるとか、松尾ジンギスカンも進化しているのだわ。
互いに明日からの健闘を誓いあい、20:00お開き。
翌日が早いからね。
自宅に21:00過ぎ到着。
22:00 就寝。


明けて02:00 起床
歯を磨いて、顔を洗って、身支度して、
02:45 自宅を出発
2016年07月15日001
途中、お決まりの「すき家」さんで、牛丼と豚汁を頂く。
2016年07月15日004
03:55 スタート地点のつどーむ到着。
2016年07月15日005
私の頭の中では、昔やったTVゲーム「グランツーリスモ」のオープニング・テーマが鳴り響く。
グランツーリスモ
https://www.youtube.com/watch?v=cWacF0DLIQE
特にイントロの部分が好きなのよ。

自転車乗りなら、フジTVのツール・ド・フランスのOPテーマ「CHASER」だろうって言うな
フジTV
https://www.youtube.com/watch?v=iT6B4j-JSog
まっ、これはこれで好きなんだけれどもね。朝焼けの感じがグランツーリスモでしょ!
2016年07月15日006
つどーむ内に自転車を停めた訳でございます。
今回の相棒は2号車ジャイアン君。
2016年07月15日007
アレッ?? 3号車のクラー朗君じゃないのとお思いのアナタ。
実は先月、北海道1200も近いという事で、クラー朗君を磨いておりましたら、
シートポストとトップチューブの交点に何やら、新しいラインがあるではないですか!
2016年07月01日009
よく見ると、髪の毛が付いている訳ではなく、爪を立ててなぞってみると微かに引っかかるものが・・・。
2016年07月01日007
俗に云う、「クラック」っていうヤツですか???

・・・・・

オーマイガッ!!

自転車屋さんに相談したら、
下りで60km/h近く出すんでしょ。
止めた方が良いと云われました。(そりゃそうだよな)

さようなら、クラー朗君
もう少し丈夫に生まれてきて欲しかった。
これからは、滅多に乗らないローラー台の上が君の定位置だよ。
そういうわけで、2号車ジャイアン君の登場となったわけです。

ロビーではオープニングセレモニーの準備が進められており、AJ北海道さんが用意してくれたサンドイッチとコーヒーを頂いて待ちます。
2016年07月15日009
04:25 K父さんの軽妙なトークでオープニングセレモニーが開始。
2016年07月15日010
AJ北海道の長勢代表のご挨拶。
2016年07月15日012
本当に前回のリベンジがこんなに早く開催できたのは、長勢代表をはじめAJ北海道さんのスタッフの皆様のお陰でございます。ありがとうございます。
逆光のせいだけではなく、後光が射しておりましたヨ。

スタート前のひととき、ymdさんと。
■写真提供:ishi君
28159969650_fd85572307_o

05:00出発のグループが出発して、いよいよ我々05:10出発の第2グループのスタートチェック。
2016年07月15日016
一人一人名前が読み上げられる中、1200km先のゴールを目指してスタート!
2016年07月15日017
05:10 つどーむを出発。
2016年07月15日018
その時天気は、我々を祝福するような快晴だった。
まさかあそこまで暑くなるとは思いもしなかったが。

ゴールまで、あと1204km。

(つづく)