「ガタタン」ブームの火付け役、「宝来軒」さんが今月10月31日をもって閉店する。
先日のシルバーウィークの9月22日にお伺いしたのであるが、運悪く臨時休業。(その模様はコチラ
忘れていた方も多いと思うが、
私は違う!(笑)

結構、根に持つタイプなので、今度こそと10月24日(土)ふたたび、宝来軒さんへ行ってきた。

いよいよ閉店までカウントダウンになって混んでいることが予想されるため、
11時の開店めがけて08:30に自宅を出発しようと思っていたが、
ガタタン50円引きのクーポンを忘れたため、実際は09:00に自宅を相方、息子と3人で出発した。
クーポン
クーポン大事!(笑) 宝来軒さんのHPにあります。


まずは、ガタタンと宝来軒さんのお勉強。
そらち旅日記 VOL.2」さんが詳しく説明されているので引用させて頂く。

「ガタタン(含多湯)」とは、お団子を含めて肉、野菜、卵など
10種類以上の具を入れてとろみをつけた塩味のスープのこと。
戦後、旧満州から引き上げてきた村井豊後之亮さんという方が
芦別駅付近で開いた飲食店が「幸楽」。
ここで出した中国の家庭料理をまねた「まかない料理」が評判を呼び、
お店のメニューに加えたというのが始まりだそうです。

当時の「幸楽」はすでに店じまいをしていますが、
元炭鉱マンなどかつての「ガタタン」の味を懐かしむ声も多かったといいます。
この「ガタタン」を芦別の名物にできないかと立ち上がったのが、
ここ「宝来軒」のお母さん(多分お父さんも)。

この話を芦別市役所に持ちかけたところ、
商工観光課では市内の飲食店にガタタンメニューを取り入れるように働きかけて
「ガタタンマップ」を作成するなど、芦別市をあげてPRに努めてきました。
またボランティアの方も札幌の雪祭り会場などでPR、こうした取り組みの結果、
テレビや雑誌などにも広く取り上げられるようになり「ガタタンといえば芦別、
芦別といえばガタタン」と言われるほどメジャーな名物料理になりました。
現在では、13店舗が工夫を凝らしたオリジナルなガタタンメニューを提供しています。

・・・ここまで引用。


その「宝来軒」さんが閉店するのだ。
札幌から桂沢湖を通って、宝来軒さんのある上芦別へ向かう。
折りしも天気は雨だが、翌日の天気予報は雪なので、ノーマルタイヤの私には今日行かねばならぬのだ。
2015年10月24日001
11:10 札幌から約110km、「宝来軒」さんに到着。
2015年10月24日014
既に駐車場はほぼ一杯。唯一あった空いた場所に停める。
2015年10月24日015
地元の旭川ナンバーはもちろんだが、札幌ナンバーが多い。
考える事は皆一緒ですな。

入店すると、これまた唯一空いていた小上がりの席へ。
その後、来られた方は入り口や車の中で待っていた。
店内の皆さんは席に着いたばかりのようで、メニューを見てオーダーを考えていたようだった。
私はお店の方がお水を持ってきた時に、すかさずオーダーした。
店に入る前から、いや、前回の臨時休業の時からオーダーは決まっていた。
ガタタンラーメンにガタタンチャーハン、そして、メガザンギ丼!
そのお陰で、席に着いたのは最後であったが、料理が来たのは3番目だった。\(^o^)/

まずは、ガタタンチャーハン。
2015年10月24日004
たまごチャーハンの上にガタタンがのっているものですな。
餡かけですから、熱いうちに頂きます。

ガタタンにはホタテ、イカ、豚肉、団子など具沢山。
少し塩味が利いて、
オイヒー!\(^o^)/!

フーフーしながら、3人で分けてあっという間に食べ終わる。

続いて、私の中ではこれが目的だった、
メガザンギ丼 登場!
2015年10月24日008
ザンギの上にザンギがのって、甘いたれが掛かっている。
これまた、3人でシェアし合って頂きます。

外はカラッと揚がった衣に、中はジューシー!
オイヒー!\(^o^)/!\(^o^)/!

ザンギが8個ありましたな。
もう、これが食べられなくなるとは、惜しい事だ。

メガザンギ丼がほとんど食べ終わった時に、
真打ちのガタタンラーメン(大盛)が登場!
2015年10月24日012
塩味の汁なし餡かけラーメンですな。
今日は自動車であるが、自転車ならこの塩味が体に沁みるだろうなぁというお味。

オイヒー!\(^o^)/!\(^o^)/!\(^o^)/!

宝来軒さん、ごちそうさまでした。
もっと早く知りたかった。
まだ行ってない方、今週の土曜日、10月31日までですぞ!
最終日は混むこと必死でしょうが、これが最後です。お急ぎください。クーポンを忘れずに。


「宝来軒」さんを出た我々は、同じ道を戻るのも何なので、歌志内周りで帰る。
というのも、相方が「食後にアップルパイが食べたい!」と言うものだから、
私が反対するわけがない!
歌志内周りで砂川についたら、「ほんだ」さんへ
2015年10月24日016
こちらのお店、アップルパイが美味しいだけではなく、店内でイートインが出来るのだ。
それも無料のコーヒーを頂きながら。
2015年10月24日018
では、出来立てのまだ熱いアップルパイを頂きます。
2015年10月24日021
パイはサックサク、りんごはジューシー。
オイヒー!\(^o^)/!

ちょっと苦めのコーヒーが、アップルパイの甘さを引き立てる。
ん~、満足満足!
「ほんだ」さん、ごちそうさまでした。

「ほんだ」
さんを出た私等は、札幌とは逆方向に2kmほど進み、
2015年10月24日022
「北菓楼 本店」さんへ。
2015年10月24日024
定番の北海道開拓おかきを買って帰ります。
2015年10月24日025
ビールのつまみになりますもの。
2015年10月24日034
それでは、自宅へ帰りましょう。

岩見沢を通っていると、ウチのNAVIが「右折しろ!右折しろ!」というので、行ってみたら、
なんと「市川燻製屋本舗」さんの前じゃないですか!(笑)
2015年10月24日028
「日曜日も営業している」というtakedaさん、情報ありがとうございました。m(_ _)m
いつものサバの燻製を買いましょう。(笑) ついでに、大根の葉の燻製もプラス。
2015年10月24日032
だって、翌日は雪が降るくらい寒いということは、
燻製に熱燗でしょう!

ということで、「宝来軒」さんの閉店を惜しみながら、今日はビールで、明日は熱燗で。
準備が揃った所で帰宅した。


翌25日(日)天気予報通り札幌にも初雪が降った。
2015年10月25日004
今期始めてストーブにも火を入れた。

どうも最近の天気予報、
悪い予報は悉く当たるような気がするのは、気のせいだろうか???

いよいよ、北海道の自転車シーズンも終わりが近いようだ。(まだ、乗る気をしている
畑の片付けや家の外回りの冬支度もせにゃならんし。
このまま増量への道、まっしぐらになってしまうのか。自分!


(おわり)