08:55 PC1の豊頃を出発(予定09:05)
09:08 51.2km地点 吉野の交差点通過。
2015年05月05日019
ここからナウマン国道に入る。
この辺りから相方が遅れ始めた。
多少の向かい風ではあるが、やはり今シーズンはあまり走っていないので、まだまだ心肺や脚が出来ていないようだ。
2015年05月05日022a
平地はもちろん、得意の上り坂でも私よりも遅い。
高校の西口先生が言っていた『努力はウソをつかない』というのは本当の事だ。
出来れば、どうすれば努力出来るかを教えて欲しかったのだが(爆)

10:15 80.8km地点 生花の交差点通過(予定10:30)
2015年05月05日023
生花にはAJ北海道のyyyさんがいらして、声を掛けて下さった。
交差点で、ハンガーノックにならないように饅頭を補給。
実は2日前に親戚の法事で、食事に大きな饅頭が付いてきていたので、それを持参していたのだ。
饅頭を千切って食べて、今回はハンガーノックの気配はまったく無い。
我が一族の力を受けて頑張ろう!

生花からはアップダウンが多くなり、相方を何度も待つの面倒なので、国道との合流地点の豊似防災ステーションまで先に行くことにした。
しばらく走っていたら、前方に大きな音が聞こえてきた。
2015年05月05日024
ウソです(爆)
太い大きなタイヤが見えてきた。
kaba3さんだ。
今回も留萌300に続いてファットバイクでの参戦だ。
相変わらず速い!(登り坂を除く(爆))
今回は旭川の自転車仲間2人とご一緒に走っていたようだが、
私と話して走っているうちに、お友達の2人は先に行ってしまった。
しばらく行くと自販機のあるところで待っていて、kaba3さんが止まったので先に行かせてもらった。

生花を過ぎてから、少し向かい風が強くなってきた。
生花から豊似までの18kmの区間を一人で走っていると、
後方に気配がしたと思ったら、あっという間に先に行ってしまった。
先程の旭川のお二人さんだ。
彼等とkaba3さんは翌日、十勝スピードウェイで行われる3時間耐久レースinさらべつに出場するのだ。
かく言う私も相方と息子の3人で出場するのだが、とても彼等には太刀打ち出来ない。

でも、イーンです。クラス違いますから(爆)

11:31 108.7km地点 豊似防災ステーション到着(予定12:00)
2015年05月05日025
ここで饅頭を食べながら、相方を待つことにした。
既にPC2の広尾を折り返し、帯広へ向かっている人がいた。ハヤッ!
しばらくすると颯爽とkaba3さん登場!
2015年05月05日027
間もなく相方も到着。
2015年05月05日028
少し話をして、
2015年05月05日029
11:41 豊似防災ステーションを3人で出発。

さて、ここでお昼のグルメを考えながら進む。
先程から饅頭を食べていたので、お腹はそれほど空いていない。
よって、「ラーメン飯店 大将」さんは今回は見送る事にした。
kaba3さんと一緒なのも何かの縁。
今日は「鮨処 翼」さんにしようと決めた。
しばらくすると、SR(寿司ランドヌール)の一人、takedaさんがPC2から折り返して来た。
「もう、食べたのか」と思っていたら、すれ違い様に、
「寿司屋、休み!」

「エ、エッー! そんな~ッ

・・・・・・・

私、心が折れました。orz

ペダルが急にギア2枚ほど重く感じられた。
しばらく呆然としながら、
12:15 121.9km地点 PC2 広尾到着(予定12:50)
2015年05月05日030
PC2ではタッチ君が食事中。
「速いね」って声を掛けたら、
「penさんは王府(ワンフー)へ行ったよ」と教えてくれた。
そこで昨年に続き、我々も王府さんへ行くことにした。
12:25 王府さん着。
2015年05月05日036
王府さんに入ると、penさんがカウンターにいました。
丁度食べ終わるところで、少しお話をして、この後、パティスリーウエダさんでワッフルを買うそうで、
充実したブルベを楽しんでおられる様子。
あそこのワッフルも美味しいんだよな。
「お気をつけて」

そうこうしていると、エビ塩ラーメン登場(770円)
2015年05月05日033
一年ぶりの再会だ。
相変わらずいいテリしているワ。
プリップリのエビに具沢山の野菜と塩味のスープがマッチしております。
ご馳走様でした。
12:58 王府さん 出発

PC2へ戻る途中、本日のグルメ候補の一つ 「援」さんの前を通った。
2015年05月05日038
相変わらず美味しそうな佇まいだ?
王府さんへ行く途中に通った時、ピナレロのバイクが止まっていたので、もしかしたらハイスピード変態組のI間さんかも知れないと思い、後で聞いたらやっぱり行っていたそうだ。
とても美味しかったそうで、来年は「援」さんに行こうかしら。


広尾の街を抜けると強烈な横殴りの西風が襲ってきた。

日高山脈から吹き下ろす日高おろしだ。

道路の西側が耕したばかりの畑である場合、前が見えなくなるほど酷い土埃だ。
2015年05月05日040
大樹町の歴舟川に架かるこいのぼりも元気に泳いでいる。
2015年05月05日041
と、いうよりも暴れている。
2015年05月05日042
ここで、記念写真をとっていたymdさんに出会う。
彼は07:00発の先発組で、大樹の味の龍月さんによるためにハイスピードで大樹まで来て、希望通り龍月さんで食事をしたようだ。
その食に対する真摯な姿勢に感銘を受けた。
さすがは同じ流派!
???

彼はnewバイクのcanyonで、わざわざ私と相方にペースを合わせて牽いてくれた。
忠類で相方が千切れ、私は相方を置いてymdさんについて忠類の坂を登った。
途中、タッチ君に追い付き、更に先行していたI間さん電車に乗っかった。
2015年05月05日044
しばらくすると、ymdさんが先頭を交代して牽いてくれるが、私は最後尾から動かない。
2015年05月05日046
だって、すごい横風、向かい風、土埃りの嵐ですもの。

ここは若い人に任せましょう!年寄りがシャシャリ出ては、かえって迷惑でしょう(笑)
I間さんが途中で止まった為、再びymdさんに牽いてもらいながら楽をさせてもらった。
2015年05月05日048
更別を過ぎたところで、満を持して私が前に出たら、ymdさんが力尽きた。
更別を過ぎた後、道路が西向きに変わると、モロ向かい風で大変なことはコースを熟知している私は知っていたのだ。
こういうことを、年の功と言うのか、小ズルイと言うのか(汗)
この後、ymdさんはソフトクリームを食べて楽しんだようなので許してね。

15:34 177.8km地点 PC3 中札内着(予定16:15)
2015年05月05日050
PC3にはpenさんがいらして、十分休憩されてから、音楽を流しながら先に行かれた。
15:38 千切れた相方が到着
2015年05月05日051
しばし休憩後、15:47 PC3出発
2015年05月05日053
ここまで来たら最後まで気を引き締めて参りましょう。
やっと横風も収まって来て、ゴールの帯広の森アイスアリーナを目指す。

16:55 205.3km 帯広の森アイスアリーナ到着(予定17:45)

2015年05月05日054
9時間45分でGOAL!

噂に聞いた暴風を体験して、今まで一番きつかった十勝200で、自己新となる10時間を切るタイム。

十分ビクトリーでしょう!!

去年の留萌300の強風に土埃をプラスした様なコンディションの中、
いや~、良くやりました。自分。
相方も今年初めてのブルベでこの風の洗礼を受けてよく頑張った。
昨年の北海道1200の向かい風対策として、下ハン持って走る練習がここで生きました。

ゴール受付に行く時にpenさんが丁度出てこられました。
やはりpenさんとは同じペースなので、スタートの10分の違いは決定的ですな。
帰りにnoriさんから中札内の唐揚げまで頂きまして、ありがとうございます。
美味しく頂きました。

ゴール受付では、昨年何度もブルベでご一緒させて頂いたM崎さんが顔を出しにいらして、お話をさせて頂きました。
そう言えば、奥様もいらしていたので、去年の北海道1200と大雪600の時の応援のお礼を言えば良かった。
その節はサプライズ応援ありがとうございました。
すごくうれしくて、力が出ましたヨ。

このゴール後の無駄話が心地良いんだわ。
kaba3さん、優游さん、タッチ君らが続々とゴールしてきた。

AJ北海道の皆さん、毎度お世話になりました。
同じコースでも風が吹くと印象が一変するんですね。
参加者の皆様も、ありがとうございました。
大変な土埃をくぐり抜けた同志でございます。


帰ってから温泉に行って顔を拭いたらタオルが真っ黒だった。
十分に脚のマッサージした。
翌日は十勝スピードウェイで行われる3時間耐久レースinさらべつだ。
結構疲れがたまってしまったようだ。
これで遅くても言い訳になるという想いがよぎる。
体重は1kg程度落ちていたが、その後ビールを飲んだので元に戻ったと思う。
とにもかくにも、今年2つ目のブルベを完走できてメデタシ、メデタシ。
明日の為に、さっさと床に就いた。

(おわり)