∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今回、元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーが来日したことと、
私自身が第2次ビートルズ世代(1975年、東芝EMIがビートルズのアルバムの再発売のキャンペーンの影響で、現役時代のビートルズは知らない世代でも、新しい音楽としてファンになった世代を云う)なので、親しんみを込めて書いてみた。
但し、中には気分を害する方もおられるかも知れないが、ジョークという事で受け流して頂ければ幸いである。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

12:00 増毛の「麵屋 田中商店」さんを出発した私は、店を出た直後に会ったkaba3さんを遥か前方に見ながら走り出した。
kaba3さんは今回、ファットバイク(太いタイヤの自転車)での参戦だ。
何が悲しくてファットバイクなのか、はたまた、元来M気質なのか分からないが、とにかくファットバイクだ。
ファットバイクでブルベに参加した人を見るのは、タクランケさんが去年の大夕張200の時が最初で今回が2回目だ。しかし、今回は300kmだし、かつ、シーズン初戦だ。
本当に物好きだ。大したものだ。
私がラーメンを食べていたとは云え、同じところを走っているのだから、彼が速いのか、私が遅いのか
実際、kaba3さんとの間隔が中々縮まらない。
そう思っていたら、kaba3さんが留萌の手前で急激にスピードダウン。そして停止した。
それでやっと追いついた。
どうやら、脚を攣ったようだ。
2015年04月25日038
ウフフ、ご愁傷様。
いやいや、お疲れ様!
その時、kaba3さんが撮ってくれた私。
11194472_1588058354808973_5541057338159048193_o
kaba3さんがストレッチをしている間、しばらくお話をした後、
留萌の手前までご一緒したが、平地はほとんどロードバイク(私)と遜色ない速さだ。
(kaba3さんの脚力のせいもあるだろうが。)
ただ・・・・・
2015年04月25日039
・・・・ う・る・さ・い(笑)

ゴー!という感じで、戦車の様だ。
見たところ登り坂は苦手の様だ(そりゃ、重そうだもの)
まだまだ先だが、新十津川から青山ダムまでの上りは大変そうだ。
留萌手前の坂で先に行かせてもらった。
留萌を過ぎて小平町に入る。
2015年04月25日040
12時58分、気温7.1度 サイクリングには丁度良い感じ。
2015年04月25日041

一人で走っていると、色々な事を考えながら走る。
「良い景色だな」、「風が強いな」、「いい匂いだな」、「あら、変わったデザインの建物だな」等だが、
私の場合、もっとも多いのが、「次のPCで何を食べようか」、「何を買おうか」だ。(←レシートもらう為ですから)
この時は、甘海老しょうゆらーめんを食べたのでお腹は減っていない。
しかし、PC2からPC3間で、万が一ハンガーノックになったら困るので、補給食として大福を買おうと考えていた。
他には、朝早かったせいか眠気が出てきそうなので、早めにレットブル投入しようと考えていた。

朝からの脚攣りまつりは大分治まってきたようだ。
お腹が満たされ、脚攣りまつりが治まってきたら、今度はお尻が痛くなってきた。
アチラが良くなれば、コチラがダメになる。次から次へと問題は尽きないものだ。
見栄サイクリストを目指したニューサドル「アスチュート」は、私の場合、ブルベには向いていないようだ。
ドッカと座り、常時ペダルを回していない私の乗り方だと、どうしてもお尻の負担が大きいようだ。
100km程度なら気にならなかったが、100kmを超えた辺りから(ラーメンを食べた後から)非常に痛くなり、立ち漕ぎや座る位置を変えたりして、我慢を強いられている。
ブルベの場合、400kmや600km以上もあるので、このサドルでは難しいようだ。
見栄サイクリストとしては辛い判断になるが、どうせ座ってしまえばサドルは見えないので、元の穴開き皮サドルのセラ・アナトミカに戻そうと思う。
このアスチュートは、美瑛センチュリーライドや普通のサイクルイベントなど100kmまでのイベント用にしようと思う。

そんな時、
この前、第2部が終了したアニメ「弱虫ペダル」を思い出した。
「箱根学園」で、自分の大胸筋にアンディ(右)、フランク(左)と名前を付けていた泉田君のことだ。
自分も攣った両脚に名前をつけて、大事にしてあげようと思った。
英語の名前ですぐ思い出されるのは、英語の教科書に出てくるベンとかジョンだ。
まさか、女の名前のルーシーは無いであろう(笑)
そうだ、自分は右利きなので、右脚はジョンだろう。
となると、左はジョージだな。

「頑張れ!ジョンとジョージ」

ジョンとジョージならビートルズみたいだなと思った。
さっきから痛いと云っているお尻は、ピーチではないがリンゴじゃないか!
そうだ、私の下半身にはビートルズがいるんだと思った。

えっ、ポールは何処かって」

「そ、そんな事は云えません」

・・・・・

「ヘンな事を考えないで下さいよ。」
「だって、ポールは来日中じゃないですか(爆)」

なんて事を考えていたら、
13:07 135km地点 PC2 小平到着(予定13:45 昨年12:19)
予定よりは38分早い。
昨年よりは48分遅いが、1時間の違い あるので、本当は昨年のペースより12分早いのだ。
やるな、自分! 凄いぞ、ジョン&ジョージ!


PC2には、penさんやタクランケさん、OHさんなどが既にいらした。
予定通りレットブルといちご大福を購入。
レットブルを飲んでから、いちご大福をフロントバックに入れて、penさんとタクランケさんと3人で出発した。
13:15 PC2 小平出発(予定14:00)
2015年04月25日042
この後、基本この3人でゴールまで行く事になった。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
小平町を出て、両側が畑だらけになったところで、進行方向右側の道路から離れた畦道にポツンと公衆電話があった。
最初は廃品利用の雨宿り用かと思ったが、良く見ると電話線なのか電線なのかがひいてあるではないか。
走りながらpenさんに言ったら、「本当だ!戻りますか」と言われたが、そこまでの事はないであろうとそのまま通り過ぎた。
しかし、今思うと、写真を撮ってきて「ナニコレ珍百景」に投稿すれば良かったと思ったので、来年の為の備忘録として残しておく。
marioさんなら、写真を撮っているかも知れない(笑)

(追加)
marioさんからコメントを頂き、やはり写真を撮っていたそうだ。
さすがに期待を裏切らない方だ。
これがmarioさんが撮った写真。
16688014194_8602c1e1c6_o
畑の中にポツンとある電話BOX。電柱から電線らしきものが繋がれているのがわかる。
ナニコレ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

PC3の沼田までに行く間、2つほど小さな峠を登る。
2つ目の峠にはキチンと恵比島峠の看板があった。
2015年04月25日046
国土交通省のお役人様
ありがとうございます。
しかし、あと40mくらい先が頂上なんですけれども・・・。


この辺りで、前後のディレーラーの調子が悪くなり、チェーンが外れたのを期にpenさんに先頭を譲る事にした。
予定通り向かい風も強くなってきたしね(笑)
2015年04月25日050

15:03 180km地点 沼田到着(予定16:20、 昨年14:37)
2015年04月25日051
予定よりも1時間17分も早く着いた。
このPCに着く直前、penさんが耳寄りな情報を教えてくれた。
「この先の北竜の道の駅で美味しいものがあるらしい」との事。

例年なら、ここから20km先の雨竜の道の駅で、雨竜米揚というかまぼこを食べるのであるが、
2014年05月24日042
4月中は冬季間営業の為に16:00閉店らしい。
向かい風の中、20km先の雨竜まで走って間に合わなかったら悲惨な事になるので、
諦めてこのPCで補給をしようと考えていたのだが、
「美味しいもの」と聞いて、私が反応しない訳がなく、即座に「行きましょう!」ということになった。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ハイスピード変態組のI間さんのblogによると、I間さんは雨竜米揚を食べられたようだ。
やっぱハイスピード変態組だなと思ったら、閉店時間が18時だったらしい。
もちろん彼は16時前に着いているようだが、私も食べることが出来たと知って、何故か悔しい
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
万が一という事も考えて、レットブルを飲んで、草大福を買ってすぐ出発。
この時、私のフロントバックには、いちご大福と草大福が入っていた。

北竜の道の駅「サンフラワー北竜」はPC3から9km位で、15:38着
2015年04月25日052
まだまだ元気なpenさんとタクランケさん。
2015年04月25日054
しかし、私のリンゴ(お尻)が人知れず悲鳴を上げていた。
中に入ると、キチンとしたレストランと売店があり、てっきり売店で軽く食べるのかと思ったら、
レストランで食べるつもりらしい。
私は余りお腹が空いてはいなかったが、急に気温が下がってきたのと、夜間走行の装備をするのに温かいところで休みたかったので、レストランに入る事にした。
私のリンゴ(お尻)もやさしい椅子を欲していたし

レストランでは黒いカレーうどんや変わったラーメンがあったが、
私はあまりお腹が空いていないので軽く済ませようと最初は鍋焼きうどんにしようと思った。
しかし、減量の事を考え、カロリーの少ないと思われる普通のざるそばにした。
2015年04月25日055
考えてみたら、増毛の甘海老しょうゆらーめん以降、固形物は口に入れていない。
思った以上に美味しくおそばを頂いた。

食事後、少しお話をしてマッタリした後、
サングラスのレンズを透明に替えて、ヘルメットにライトをつけて、グローブの上にオーバーグローブを着けて、ウィンドブレーカーを再び着て夕方装備にした。
16:25 北竜の道の駅を出発。
17:00 PC4の当別までの最後の補給地点となる雨竜のセイコーマートでお茶を購入。
17:10 雨竜のセイコーマートを出発
17:34 国道275線に別れを告げる新十津川の交差点(210km地点)を通過。
2015年04月25日058
いよいよ最後の山場。
青山ダムまでの(私にとっての)山岳地帯に入る。
途中でpenさんが遅れたので、待つためのバス停小屋を探しながら走っていたら、だんだん体が重くなり、
脚が回らなくなってきた。

『終わりの無い坂は無い』と雑誌に書いてあったけど、
『終わりの無い体力も無い』(大泣)

どうしても耐えられず、
18:30 227km地点の川の側でpenさん待つ事を理由に止まった。
そうしたら、すぐpenさんが現われた。(もう少しゆっくり来てくれれば良いのに

ここで最終の夜間の服装、ウィンドブレーカーの下に、朝着ていた冬用のジャージを重ね着した。
更に、2つも大福を持って帰っても仕方がないので、いちご大福を食べた。
7分後、再スタート。
体がダルイのは変わりがないが、体の奥から微かな力が感じられた。
「なんか、懐かしいこの感覚。もしかして、ハンガーノック気味だったのか?」
そうだとしたら、もう一つの大福も早く食べた方が良いかもしれない。
penさんとタクランケさんに先に行ってもらい、
18:51 231km地点で停止して残っていた草大福を食べ、水分を摂って皆さんの後を追った。
(この部分はGPSのデータログがあるので、正確に場所と時間が分かるのが悲しい

不思議なもので、少しづつ脚が回るようになってきて、
青山トンネルの手前で、皆さんのテールライトが見えるくらいに追いついた。
この時、さっきのあれはハンガーノックだったのだと確信した。
ゴール後ある人に聞いたら、そばはエネルギーに変わるのが遅いらしい。
その点、うどんは良いらしいので、
サンフラワー北竜で、最初に思った鍋焼きうどんならハンガーノックにはならなかったかも知れない。
せめておにぎりでも追加するなり、天ぷらそばにすれば良かったのかも。
体重の為にカロリーを抑えたざるそばにしたばかりに・・・(悔涙、美味しかったけど)
いろいろ勉強になるわ
(後で相方に聞いたら、そばのほうがうどんよりカロリーが高いそうだ。やはりチョイスをミスったようだ

penさんとタクランケさんは、青山トンネルの所で待っていてくださり、再び3人で四番川の交差点のクイズポイントへ。
19:22 240km地点 四番川交差点 クイズポイント
2015年04月25日060
答えを書いて先を急ぎましょう!
この辺りで大分調子が戻って来て、最後の2つの坂を駆け上がり、後は当別まで下る一方だ。
気温が下がり、シューズカバーを履いた足やオーバーグローブをした手も冷たい。

21:40 283km地点 PC4 当別着(予定22:20 昨年20:38)
2015年04月25日064
ホットコーヒーとシュークリームを頂いて、ゴールのさとらんどを目指す。Go! Go!

22:52 302km地点 さとらんど着(予定23:40 昨年21:41)
2015年04月25日065
ゴール! (with penさん&タクランケさん)

昨年よりも11分遅い15時間52分だったとしても、
甘海老しょうゆらーめん&ざるそば&大福×2を食べてのゴールなら、
これを勝利と言わずして何と云うのか!

ゴール受付は奥の会議室?
皆さん前向いて座っているものだから、
思わずブルベの反省会をしているのかと思いました。
2015年04月25日067

penさん、タクランケさん
おかげさまで道中、楽しく走ることが出来ました。
ハンガーノック気味の時でも、近くにいてもらえたので力づけられました。
penさんの粘り強さは今年も健在ですね。
千切れたと思っても、振り向いたらいつもいますものね(笑)
タクランケさんは、やっぱり速いです。
脂肪を纏った私では、とても坂をついていけません。
この留萌の寒さ対策として冬場に必死に蓄えた脂肪が邪魔をしました。
減量しなければ・・・。
お二方とも本当にありがとうございます。
またご一緒させてください。
2015年04月25日069
AJ北海道の皆様
夜遅くまで、ありがとうございます。
ゴール後の実りの無い無駄話、楽しかったです。
さっさと帰れと思われたでしょうが、あれが止められないのです(笑)←なんか独居老人みたい
今年もお世話になりますので、よろしくお願い致します。

他の参加者の皆様
コース上やPC等でお話させて頂き、ありがとうございました。
また、甘海老しょうゆらーめんを食べることが出来たか心配してくださった皆様、
おかげさまで、前回のレポ通り美味しく頂く事が出来ました。
本当にありがとうございました。


さて、今年もブルベが始まり、5月5日には次の十勝200が待っている。
私のジョンとジョージは、筋肉痛が今もまだ治まっておらず、リンゴは穴開き皮サドルにしてくれと泣いている。元気なのはポールだけだ(爆)
我がビートルズと共に今年も頑張りたいと思います。
とりあえず、この日の夜はビートルズだけに、
『A Hard Day's Night』だった!

おあとがよろしいようで!

(おわり)