4月25日 北海道の今年初のブルベ、BRM425北海道300km留萌が開催された。
BRM425北海道300km留萌
コースは去年と同じで、札幌のさとらんどをスタートし、
日本海側を厚田、浜益、増毛、留萌と抜け、小平まで北上し、
小平から内陸側に方向を変えて沼田まで東に向かってから、新十津川まで南下した後、
青山ダムを通って、当別から札幌さとらんどに戻って来る全工程302kmのコースだ。

もともと、6月上旬に行われていたものが、6週間程度早くなり、その為かスタート時刻が1時間遅くなったのが、今年の特徴だろう。

朝、4時10分。
目覚まし時計より早く目が覚めて、準備をし、予定通り、5時に自宅を出発した。
2015年04月25日002
天気は快晴で、庭の梅も例年より10日も早く満開になり、既に散り始めている。
2015年04月25日005
今日一日の私を励ましているようだ。(←たまに、情緒的なことを書いてみる
スタート地点のさとらんどに向かう途中、私の中で恒例となりつつある、すき家の朝定食。
2015年04月25日006
豚汁を食べて、エネルギーを補給する。
2015年04月25日008
そう云えば、ブルベの前後に豚汁を食べるようになったのは、昨年の留萌300からだなと思いに耽る。
(↑ 情緒的な事を書いたつもりだったが、豚汁の話では全然雰囲気が出てこない


そんな訳で、予定通り06:00にスタート地点のさとらんどに到着。
ランドヌール札幌の富良野走行会でお会いしたOHさんの横に車を止めて、
反対側にはymdさんがいらして、ご挨拶後、自転車を組み立てる。
2015年04月25日009
今日の我が愛車は、3号車のクラー朗君に、サドルはアスチュートの見栄サイクリスト仕様だ。
もう少しハンドルをおくった方がカッコイイなと思いながら、
受付会場のさとらんど交流館へ。
2015年04月25日011
自転車用ヘルメットに反射ベストという、ブルベの独特な格好の人たちが一杯。
今シーズンも始まったという事で、あちこちでご挨拶の声が。
久しぶりの懐かしい顔が一杯だ。

06:30 ブリーフィング。
2015年04月25日012
四番川交差点でのクイズの内容が発表され、忘れないように写真を撮っておく。
2015年04月25日010
車検の後、いよいよスタートだ。
2015年04月25日014
2015年の北海道のブルベ、開幕!
どことなく、みなさん笑顔だ。
penさんの奥様のnoriさんがお見送りに来て頂いて、お互い写真をパシャッ!
2015年04月25日015
いつも元気もらえて、有り難いです(^_^)v
今回は相方が不参加なので、私は誰と一緒に走ると決めている訳でなく、なんとなく一緒に走れれば良いねって感じの緩い繋がり。
本来ランドヌールってこんな感じなんだろうけど。
そう云いながらも、結局penさんとはいつも同じくらいのペースなので、一緒に走る事になったし、他にタクランケさんとも一緒に走った。
相方がいなくて、こういうのも新鮮で楽しかった。
元へ、
相方がいなくて本当に寂しかった。(←家内安全、安全第一でございます。)

札幌大橋を渡る。天気は快晴!
2015年04月25日017
私は上下とも、某安売りお買い得メーカーの黒い冬用のジャージにレーパンに、モンベルのウィンドブレーカー。
penさんも冬用は黒のジャージのはずだったのに、今シーズンは爽やかなデザイン。
2015年04月25日018
カッチョイイ!

進むにつれ、体が暖まり、ウィンドブレーカーを脱ぎ、しばらく走って冬用のジャージを脱いでいるうちに(中に機能下着に夏用の半袖ジャージ+アームカバーを着ていた)、penさんやタクランケさんとはぐれてしまった。

厚田の手前の望来辺りからタクランケさんが前に見えて、
追いつこうと頑張ったのであるが、全然追いつけない
彼のペダリングは軽快で、かつ、高いケイデンスを誇る。
対して私のペダリングは重く、かつ、すぐ止まる。
さながらタクランケさんがホンダの高回転型DOHCエンジンとすれば、
私はフォードの昔のトラックのエンジンみたいに、中々回転数が上がらず、燃費が悪いって。
・・・・
失礼な(爆)

それはそうとして、やっぱ今年は体が重いなぁと思いながら走っていたが、
そのうち、脚に嫌な気配が出てきたので、塩飴を舐めた。

前方にタクランケさんを見ながら、08:30 厚田のセーコーマート通過(予定08:40)
2015年04月25日019
去年は1時間早くスタートして07:32 この段階では去年より早かったのね
当然の如く、そのまま通過。

しばらく行って厚田公園の看板のところでタクランケさんが自転車を立てかけて記念写真を撮っているではないか。
何を余裕こいているんだか
大体、私の中でココは好きではないのだ。
先程のセーコーマートから登り坂である上に、「恋人の聖地」とか云って、鐘を鳴らすところがあって、
景色も良いし、恋人達にはサイコーと思えるのがイヤだ!(←完全に妬み)

タクランケさんを抜いて、そのままぶっちぎってやろうと思ったその時、
左ふくらはぎが攣った。
ふくらはぎには内側と外側に筋肉があるらしく、その両側一辺にだ。

アウチ!

反対の右側の脚で庇って走っていると、当然、
右足の膝の上の筋肉と膝の裏側のふくらはぎの上部が攣った。

oh! マイガー!

慌てて、再度塩飴を舐めたが、脚攣りまつり状態!
タクランケさんは余裕で後ろまで追いついて来てるし。
タクランケさんに先に行ってもらって、快晴の日本海を見ながら気を紛らわせようとしたが、
2015年04月25日020
気は紛らいません。

塩飴の効果が出るまで我慢をしながら走ります。
少し効果が出てきたと思った頃、
09:35 68.8km地点 PC1 浜益着(予定10:00)
2015年04月25日021
去年は1時間早くスタートして08:34 この段階では去年とほぼ同じ。脚を攣っていたのに、スゴイぞ自分!

早速、エネルギーをチャージしようと、セイコーマートの100円パスタのカルボナーラを食べようとしたら無い!仕方が無く、ボンゴレ ビアンコを食す。
2015年04月25日022
別にボンゴレ ビアンコが脚の攣りに良いという話は聞いた事がないが、これから増毛までは坂があるからね。
坂の前では、とりあえず食っとけ!
という、私の少ない経験値から頂きましょう。
これはこれで、結構いけますな。

これを食べている時、penさんがやって来た。
てっきり先に行っているものだと思っていたのに。

私がのんびりしていた訳ではないが、penさんはアッと云う間に出発して行った。
PC1をタクランケさんと一緒に出発したと思っていたが、そうじゃなかったみたいで気がついたら一人旅。
脚攣りまつりは小休止の様だが、いつでも攣りそうな雰囲気だ。
そんな中でも、レンズを向けられるとポーズをとってしまうのは、目立ちたがり屋の性か(爆)
(■ハイスピード変態組のI間さんに撮って頂いた写真)
11187876_833607130054392_1970258752_o
そして、前方に反射ベストの方が見えたら、心に秘めたる50overの闘争心に火がついた。
ちょっと頑張って踏んだら、
今度は左脚の付け根の筋肉が攣った!

アンビリーバボー!

まあ、よくも色んな筋肉が攣るもんだと思いながら、再再度塩飴を舐める。
世間ではこういうことを年寄りの冷や水と云うのだなと思った。
前の方にはとても追いつけないなと思っていたら、トンネル工事だ。
2015年04月25日024
前の方は行ってしまったので、ちょっと悔しいと思いそうなところだが、
休めて良かった~!

2015年04月25日026
青い空!碧い海!北海道にも春が来たぞ~!
(↑ 再び、情緒的なことを書いてみる

ム、ムム、それにしては、待ち時間長くない?
2015年04月25日027
「トンネル内工事のため4~5分停車します。」って長くね?
カップヌードルにお湯を入れたら、出来て食べられる時間ですぜ。

そうして待っているうちに、なんと再度penさん登場!
私よりPC1の浜益を先に出発したのに、どうしたのかと思ったら、途中でWC TIMEだったらしい。
ココからは二人で増毛を目指します。
2015年04月25日028
快晴の天気の中、penさんと走っていたら、いつの間にか脚攣りまつりが終わっていた。
2015年04月25日029
penさんは留萌のラーメン屋さんに行くというので、増毛でお別れ。
「PC2の小平で会いましょう!」
11:29 110km地点 PCではない増毛「麵屋 田中商店」着(予定11:45 昨年10:10)
2015年04月25日034
昨年より19分遅いとは言え、予定よりは15分早い。
両脚合計5箇所が攣った中での快挙だ!
2015年04月25日032
お店の横に自転車を立てかけようとしたら、なんと見覚えある真新しいCANYONのバイク。
今朝がた御挨拶をしたymdさんのバイクではないか!
「きゃつめ、抜かりがないのう!」(悪代官風)

店内に入ると、カウンターできゃつめ(ymdさん)がおいしそうにスープを啜っていた。
お隣に座らせてもらい、ふと見ると丼の数が多い。誰か他にいるのかと思ったが、
い・な・い。
な、なんと、田中商店さん御自慢の「甘海老系」と「酒蔵系」を一つずつチョイスしているではないか!
「なんと、豪快な奴よのう!ムハハハ!」(悪代官風)

私も真似をしようかと思ったが、体重増で朝から上り坂でエライ目にあっているのでここは自重した。(大人ですから)
オーダーはやはりこれ、甘海老しょうゆらーめんだ!
一昨年のiwanさんのブログで見て以来の、思い焦がれた甘海老しょうゆらーめんの登場だ!
2015年04月25日036
そう!その為に来たのですから。
全ては甘海老しょうゆらーめんの為に
ハイ!皆さんもご唱和下さい。「全ては甘海老しょうゆらーめんの為に!」

万感迫る思い!(ちょっと大げさか

一口スープを頂くと、口の中に広がる海老の香りと風味。
そのスープとよく絡まる縮れた麵を食べながら、長かった日々を思い出す。

一昨年、店の真向かいの国稀酒造さんで水を頂いた時、ほのかに香る海老の香り。あの時、次の年こそは必ず食べるぞと誓ったあの日。
昨年、仲間と別行動までして食べようと思い走ったが、お祭りバージョンで正規品を食べられず、涙にくれたあの日。
2014年05月24日020
その想いを込めて頂きました。

美味しかったです\(^o^)/

ついに、目標を達成出来ました。
人間、諦めずに努力すれば、必ず出来ると、言ってくれた中学の前田先生ありがとうございます。

お店を出た直後に会ったkaba3さんはじめ、たくさんの方々に、
「甘海老しょうゆらーめん食べられましたか?」と聞かれた。
おかげさまで、美味しく頂く事が出来ました事を、ここに謹んでご報告申し上げる次第でございます。


さて、今年の開幕ブルベ留萌300は、この段階で私の中ではスゴイ達成感があったのであるが、
冷静に考えてみれば、増毛までの110kmを走っただけでまだ半分も走っていない。
時刻は丁度12:00 「麵屋 田中商店」さんを出発(予定では12:30)
この後のことは、後編へ。

(つづく)