2月11日 この日はランドヌール札幌さん主催のローラーブルベの日だ。
各々がそれぞれの場所で、固定コーラー台や3本ローラー台で100km、200km、はたまた300kmを走るという、ドMのイベントだ。
去年は2回行われたが、今年は今回のみだそうで、全国から30名の奇特な方々が参加するようだ。

毎度の如く、ビビッてエントリーを躊躇しているうちに、締め切りになってしまった。
私の場合、自転車仲間のpenさんから無償で頂いた3本ローラー台があるのだが、上手でないので両手放しや立ち漕ぎはもちろん、よそ見をするとすぐ脱輪するので、ひたすら集中して自転車を漕がなければならない。
唯一自由になる耳で音楽しか楽しみがないのだ。他の方の様に映画やテレビを見ながらするという事は出来ない。
したがって、私にとってのローラーブルベは、グルメも無いし、退屈で、辛いだけなのが分かっているので、前もってやろうという気持ちにどうしてもなれない。
しかし、こういう時でもなけりゃなかなかローラー台に乗らないので、当日なって急に『やるべ!』となり、


確信犯的に今回も勝手にタイアップして、
第3回ランドヌール札幌非公認 
  ローラーブルベ
  3本ローラー100kmの部
を行った。


今回は2日前にMTBで10km位走った以外、ほぼ2ヶ月自転車に触っていないので弱冠の不安はあるが、
前回と同じく元気が出る曲をチョイスし、2年連続SRの実力で余裕の完走を目指そうと思う。

ローラーブルベの場合、どうしても写真が地味になってしまうのが欠点だが、なんとかお付き合いをしてほしい。
まずはブルベ会場。
2015年02月11日001
山の様なダンボールを片付け(画面手前に移動し
2015年02月11日002
ますは、スタート時刻を記録。
時刻:09:02  odo:9437.2km
今回は途中でサイコンのケイデンスを大きく表示しようとして、間違って距離計をリセットしてしまったので、odoメーターで計ることにした。
(odoメーターの最小単位が100mなので、ブルベ後半、漕いでも漕いでもメーターがあまり動かず心が折れた)
タイヤの空気を入れるのを忘れたため、空気を入れて、サイクルシューズを履いて、
実際にスタートしたのは、09:10過ぎだった。
前回、脚が攣った教訓を生かし、塩飴も用意した。
2015年02月11日005
PC1(30km地点) 時刻:11:05 odo:9470.3km(33.1km通過)
メーターを隠して走っていたら過ぎてしまい、慌てて記録。
2015年02月11日006
ここら辺りは、久々といえまだまだ余裕。

今回、ローラー台の退屈さを紛らわす為に用意した音楽は、
前回と同じように、
ザ・ベスト・オブ・ロッキー「ロッキー・ザ・ファイナル」サウンドトラック
Rocky Balboa The Best Of Rocky
スポーツのトレーニングのBGMといえば、やっぱりこれだろう。
曲と曲の間に映画のセリフが入るのであるが、
前回の聞き取れた「Do It!」の他に、
「I can change. and you can change. Everybody can change!」
が聞き取れ、一年間の努力の成果を感じた?
(スピード・ラーニング状態?)
そうだ、私は変わることが出来る!
これで次回の北海道1200で、海外の方との交流への確かな一歩を踏み出した
この調子で行くと、来年当たり英語はペラペラかもしれない(爆)

続いて、私とドリカム
私とドリカム
ご存知だと思うが、ドリカムの曲のカヴァーアルバムだ。
いろいろ賛否両論があるみたいだが、ドリカムの吉田美和さんの様に歌の上手な人の曲をカヴァーするのは、大変だろうと思いながら、私の場合、ドリカムの有名な曲が次々流れるので、それはそれで良しと思い、ペダルを回した。
どちらにしても、この両アルバム、偶然ミニコンポにCDが入っていただけなのが、今回の意気込みを表している。また、スマホとかデジタルオーディオプレイヤーでなく、ミニコンポというところが私らしい

今回、ローラーブルベを盛り上げるために、もう一つ私が考えたのは、ペース配分だ。
まずは、
2分間軽くペダル回して、
1分間ケイデンスを90以上で回して、
1分間また軽くペダルを回して、
1分間ケイデンスは変えずにギアを2つ落として(重くして)、
最初に戻る。
1セットで5分間。これを繰り返すとメリハリが付き、割と時間が過ぎるのが早いのではないかと思ったのだ。
世間ではインターバル・トレーニングとか云うらしいが、
余りピンと来ないので、私の場合、
名付けて、『ボン・キュッ・ボン作戦』
この方が本能に響く気がする。(別に深い意味はありません)

そんなことをしながら、
昼食 時刻:12:03 odo:9487.2(50km通過)
2015年02月11日007
予定では、60km地点のPC2まで行けると思ったが・・・・飽きた。
昼食は和風パスタ。
2015年02月11日008
30分休憩後、
PC2(60km地点) 時刻:12:56  odo:9497.2(60km通過)
2015年02月11日009
ここら辺で相当飽きた!

そして、お尻が痛くて辛い!

DNF(リタイヤ)しようかと、ネットを見たら、ランドヌール札幌のY田さんが快調に走っている。
私の場合、大体25km/h程度であるが、30km/hを余裕で越えて、かつ、私と違い休まないので、私の倍程度の速さで進んでいるようだ。
比べても仕方が無いが、もう少し頑張ろうと思った。

PC3(80km地点) 時刻:14:17  9517.2km(80km通過)
2015年02月11日011
ここまでくると、20km/hを出すのがやっとになる。
「DNFしようか」という心の声と、
「ここまで走ってきた80km超を無駄にするのが勿体ない」というしみったれた心の声が錯綜しながら進む。

もう既に、『ボン・キュッ・ボン作戦』とか云っている余裕もなくて、
尻は痛いわ! 脱輪はするわ! 根気が続かないわ!で、10分走ったら休憩を挟みながらやっと走る。
残りの距離と残りの時間を見ながら進む。

そして、
GOAL!
時刻:15:41 odo:9537.2km(100km)
2015年02月11日014
クローズ時刻まで、あと1分!
辛くも3本ローラー 100km部 完走だ!

本当に辛かった(大涙)

やはり、日頃のトレーニングの成果が如実にでますな。
70km過ぎてから、脱輪が多くなり、本当に何度DNFしようかと思ったことか。
その時、ネットでのY田さん姿に勇気付けられ、
80kmを過ぎてから考えたことは1つ、
落車して怪我をしないように!だ。

だって、その頃になると、自転車から降りる時、サドルまで脚が上がらずヨロヨロするくらいになっていたからだ。
万が一落車でもして怪我をしたら、50過ぎたジジイが、休日に何やってんのよと云われるだけではなく、
その時の私の姿が、
上半身裸に心拍計(通称ブラジャー)、
下半身はサイクルインナーパンツ1枚に靴下だけ履いて、サイクルシューズ。

どこからみても、立派な変態姿だ!(爆)
(よって、自分の写真は無いのだ)

万が一怪我でもして、救急車で運ばれるところを近所の方に見られたら、
ここには住んではいられない(涙)


最後に去年と比べてみると、
          今回   クローズまで   前回      前々回
Start       00:00     --     00:00     00:00      
30km(PC1)  01:54      6分     01:35     01:21        
          昼食                       昼食
60km(PC2)  03:54      6分     03:28     03:36   
                                     昼食
80km(PC3)  05:15      5分     05:10     04:59   
100km(Goal) 06:39      1分     06:30     06:31
今までで、一番悪い成績なのはもちろんだが、良く最後まで粘ったと云えるだろう。(←前向きに考えるもので

今更ながら、学校時代に先生が云っていた、
『継続は力なり!』
を思い出す。

分かっちゃいるけど、やれないんだよな
この開き直りが、年をとったという事だよなと思う休日の夕方でした。

(おわり)