いよいよ今年も残り少なくなってきて、忘年会シーズンたけなわで私の体重はうなぎ登りだ。
今年は当家にはサンタさんが来る予定も無く寂しい年末を迎えそうである。
例によって今年一年、自転車用品を大小40項目も購入してしまった。
しかし、昨年の68項目から比べると大幅に減ったので、良しとしようと思う。
使った金額も2台のBromptonを除けば大幅に減っている。
まあ、自転車を始めて4年目で、やっと落ち着いてきたというところなのかもしれない。

昨年に続いて、今年購入したものの中で、これは良かったと思うものを紹介しようと思う。
Bromptonに関しては、購入したのがシーズンオフ直前ということもあり、現在走行距離が80kmに届いていないので、新しいサドルのセラ・アナトミカと共に今回の評価からは除いている。

第3位は、本体は評価から除いたが、Brompton用の携帯工具「Tool Kit」だ。
2014年12月14日003
Bromptonを購入した時に、ロードバイク程汎用性もないので、バイク以外はそうお金が掛からないと思っていたが、なかなか、そうは行かなくて、あの手この手で購買力をそそる備品が多いのには困ってしまう。
これも、その一つで、ケースにはBromptonの折りたたむ例の絵が書いてあって、
2014年12月14日004
中には、
1)タイヤレバー&8mm+10mmのスパナ
2)15mmのスパナ&ラチェットドライバー
3)+-ドライバービット
4)2.5mm&5mmのアーレンキービット
5)3mm&4mmのアーレンキービット
6)2mm&6mmのアーレンキービット
7)パンク修理用パッチ
8)パンク修理用サンドペーパー
の8種類工具類が入っている。
2014年12月14日005
携帯工具としては、なんてことないのであるが、
それを収納する場所が、
Bromptonのフレームの中というのがニクイのだ!
2014年12月14日001
2)の15mmのスパナの穴の部分が引き手になっているところも秀逸!
それだけで、欲しくなってしまったのだ。
2014年12月14日002
携帯工具は使うことが無い方が良いワケだが、まんまとBromptonの思う壺で購入してしまった。
お値段は、当家にとっては結構高いものであったが、
品切れ状態が多く、注文しても1年待ちということもあると脅されて、お買い上げとなってしまったものだ。
あくまでも、Bromptonユーザーに限られるが、ちょっと欲しくなるものだ。
ちなみに、人がいたら取り出して、すぐ説明したくなるんですけれども・・・


第2位は7月に開催された北海道1200の記念ジャージだ。
2014年12月14日007
北海道1200の想い出もあるが、
サイクリングジャージとして良いのである。

AJ北海道さんの努力で安価で購入できたこともポイントが高い。(当家の場合2着買う必要があるもので
本当にありがとうございました。
2014年12月14日008
北海道1200の復路以降、大雪600、新パノラマ300、全日本マウンテンサイクリング、大夕張200と、今年一番着たジャージかもしれない。
惜しむらくは、ブルベの時には反射ベストでせっかくのジャージのデザインが隠れてしまうことだ。
このジャージを着ている方は、北海道1200に参加されていた方や関係者の方の場合が多いので、PCでお話する時の取っ掛かりになることもあり、大変便利だ!
IMGP4200
来年もこのジャージでブルベに出ることが多いと思う。



第1位は、フィジークのバーゲル・キットだ。
2014年03月14日001
一昨年の長万部400、昨年の雄武400で手に痺れが出たので、「カーボン買って買って攻撃」で、3号車クラー朗をゲットしたが、思っていたよりも手に振動があったので、これを購入し万全を期したのだ。
これのお陰か、今年は手の痺れが起きなかった。
2014年03月14日002
装着した感じは、思っていたよりもプニョプニョしていない。
どうもバーテープの巻き方で変わるようだ。
緩く巻けば比較的柔らかく、きつく巻けばしっかりとした感触になるようだ。
唯一の欠点は、ハンドルが太くなるという点だが、手の痺れは仕事に差し支えるので仕方がないと諦めている。(ちなみに、私はピアニストではありません)

体幹を鍛えて、手に荷重が過度に掛からないようにフォームを矯正しようと思わないところが、私らしい(爆)

手の痺れでお困りの方は、参考にされたらどうであろう(←例によって責任は取りませんよ)


以上が今年購入した物の私にとってのベスト3であるが、未だに評価が定まっていないものもある。
まずは、assosのビブショーツFI.ウノ_S5 ロゴ入りだ。
2014年08月17日001
今年買った物の中で、Bromptonを除けば一番高かった物で、初めてのビブショーツだ。
これを着れば、こう ↓ なると思ったが、
assos
当然の如く、こう ↑ はならず(爆)、
お尻も穴あき革サドル(セラ・アナトミカ)から卒業出来るくらい良いのかと思ったら、そうでもなかった。
新パノラマ300と大夕張200はこれで参加したが、悪くはないが、それ以上でもないかなという感じだ。
某オークションの偽物レプリカウエアのレーパンよりは当然良いのであるが、お手頃なdhbのレーパンに比べて良いとは思うが、金額ほどのアドバンテージがあるのかどうかは、正直良く分からない。
結論は来年、もう少し履いてみてからということになりそうだ。


続いて、ライトのCREE XML-T6 USB版
2014年06月14日005
公称12,000ルーメン。弱でも300ルーメン。
電源別なので、2つで送料込みで2,983円という安さ。
2014年06月25日002
雄武400、北海道1200、大雪600と使ってみたが、
モバイルバッテリーの重さがプラスするので、新パノラマ300、函館400では使わなかった。
(大夕張200では明るいうちに帰りたいと思っていたので、使わなかった)
2014年06月24日002
確かに明るいのであるが、北海道1200の時に内部に結露が起きて、耐久性に問題がありそうだ。
2014年07月13日011
内部に水が入るという事は、壊れた時の事を考えるとライトはこれ以外に2つ必要になるので、単純に荷重増になる。
私の場合、大概相方と一緒に走っているので(特に夜は)、単独走にならない為に、多少暗くても4つのライト、更に2つのヘッドライトで走れてしまうような感じもあり、なかなか微妙なところである。
今後の使用については、基本雨の降らない状況で、山岳コースではない時に使ってみたいと思っている。


今年は当初、タイヤはPanaracer(パナレーサー)ツアープラス ブルベエディション(700×26C)を使用した。
2014年03月15日002
ブルベ第1戦の十勝200は1号車のミッシェル君で出た為、
第2戦の留萌300でブルベデビューの予定であった。
天気予報で降水確率が高かった為、マッドガードを装着しようとしたら、後輪が付けられないことが判明。
急遽、後輪はコンチネンタルのグランプリ4000S 23Cに交換したのだ。
以降、今シーズンは前輪はブルベエディション、後輪は4000Sであった。
クラーロのようなエアロ系のバイクはフレームとタイヤとのクリアランスが少ないので、装着には気をつけなければならないようだ。
見栄サイクリストを目指す私としては、辛い判断だが、まだ3000kmも走っていないので来年もこの状況で走りそうだし、100km程度しか走っていない外したブルベエディションがあることから、再来年もこのパターンで走ることになりそうだ。(物を大切にだ)


最後に昨年の息子のクリスマスプレゼントに買った、EASTON EA90RT with HUTCHINSON ATOM。
2014年03月16日003

2014年03月16日004
重さを計ってみた。
2014年12月15日003
フロント=1015g(クイック、タイヤ、シーラント込) 
リ  ア=1490g(スプロケ、クイック、タイヤ、シーラント少々込)

比較対象としてDura-Ace 7900 C24
2014年12月15日001
フロント=1060g(クイック、タイヤ、チューブ、リムテープ込)
リ  ア=1420g(スプロケ、クイック、タイヤ、チューブ、リムテープ込)

結局、今年息子がこのホイールを使うことは無く、仕方が無く私が大夕張200や全日本マウンテンサイクリング等で1100kmを走った。

そのインプレッション、
Dura-Aceに比べて、特段軽いとか乗り心地が良いとかは余り感じはしなかった。
坂を上る時は、微かにDura-Aceの方が漕ぎだしが軽い様な気がするが、今年、手稲山を初めて40分を切った時のホイールはEA90RTだったので、気持ちだけの様な気もする。

ちなみに、今年手稲山には2回上って、
1回目(Dura-Ace)40分32秒5
2回目(EA-90RT)39分34秒
2回目の方が約1分短いが、これはペースメーカーのoverさんのお陰で、ホイールの違いではないと思う。

漕がないで滑空する時は、弱冠EA-90RTの方がスピードが落ちにくいというか、スピードが伸びる様な気がする。但し、Dura-Aceの方は8500km走って、今年は雨の中も走っているのに対して、EA-90RTは1100km程度しか走っていないし、もちろん雨の中は走っていないので、その比較がフェアかどうかわからない。
最大の違いは、音だ。
ラチェット音の違いは聴覚の問題なので貧脚の私にもはっきりわかる(笑)
EA-90RTは盛大な音がするが、Dura-Aceは静かだ。
EA-90RTがうるさいわけではなく、Dura-Aceが静かなのだ。
FULLCRUM RACING7はもっとうるさいのだから。
ここら辺は、流石日本のメーカーという感じ。
今更10速用のホイールの事を書くのも、遅きに逸しているが、一応備忘録として残しておく。

・・・正直に云うと、EA-90RTのインプレッションは今年何回か書いたのであるが、
余りにも貧脚の私がDura-AceやEA-90RTという一流のホイールをを評価するのはこっ恥ずかしいので、アップがノビノビになっていたのだ。
EA-90RTで検索されてこのblogを覗いてくれた方がいるのは承知の上だったのだが、大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m


それにしても、コンポの105まで11速になった現在、シマノさんも罪な事をしてくれるものだ。
とりあえず10速で十分だと思っている私にとって影響が無いと思っていたら、105用のチェーンが製造中止になった。
11速用の105のチェーンが使えるのかどうか知らないが、一つ上のクラスのアルテグラの10速用のチェーンにするか、一つ下のティアグラ用の10速のチェーンにするしかないようである。
私のことだから、下にするのは悔しいので、やっぱりアルテグラ用にしちゃうんだろうな。


さて、来年の話であるが、来年は更に物欲を自制したいものだ。
その代わり、遠征ブルベ、遠征サイクリングを楽しみたいと思う。(ハードからソフトへってヤツだ)
第一、北海道で行われるブルベ自体が、ランドヌール札幌さんが増えたおかげで、札幌発着以外のブルベが増えている。
それに、従来の美瑛センチュリーライドや中札内グルメフォンド、更に恵庭自転車散歩や、利尻富士一周ふれあいサイクリングなどまだ参加したことのないサイクリングイベント、そして、せたなライドさんなど新しいイベントなど今から楽しみなイベントで一杯だ。そちらの方に資金を注ぎ込みたいものだ。
更に道外の遠征ブルベも行ってみたい。
今年このblogにコメントを頂いた方々のところへ、こちらから参上するのだ。

世の中には、私の知らない美味しいものが一杯私を待っているはずだ。

来年は、その美味しいものに会い(食べ)に、行かなければと思う年の瀬であった。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
話は変わって、先日の日曜日、S田さん行ったという西野の東方明珠飯店さんへ行ってきた。
もちろんS田さんおススメの唐揚げ定食を食べる為だ。
相方と息子には別なものを食べて欲しくて、
「餃子定食にしないか?」「餡かけ焼きそばも美味しそうだぞ!」と言ったのであるが、
いつもは大体別なものを頼んで、少しづつ分けて食べるのが、ウチのスタイルなのであるが、
何故だか頑強に二人とも唐揚げ定食を食べるというのだ。
仕方が無く、「唐揚げ定食を3つ」とオーダー。
待つことしばし、
唐揚げ定食到着!ドーン!!
2014年12月14日009
8cmから10cmの唐揚げが8つにご飯は丼一杯。
これが3セットですから壮観だ!
2014年12月14日010
もちろん食べきれるわけも無くお持ち帰り。
そして、今夜のおかずはもちろん唐揚げです。
くれぐれもオーダーに注意をしましょう!
東方明珠飯店さんご馳走様でした。美味しかったです!!

(おわり)