先日、AJ北海道さんから、函館400のブルベカードが返送され、今年のブルベカードが全て戻って来た。
2014年11月30日001
そこで、私の2014年のブルベを振り返ってみようと思う。
恥ずかしながら、今年のブルベを自分のブロクで再度思い返してみた。
本当に昨日の事の様に蘇る。

まず最初に思ったのは、
応援をして頂いた方に対して、本当に感謝申し上げたい。

お見送り職人と化して、何度もお見送りに来て頂いた「さすらいのダイエッターさん!」
2014年08月30日002
ダイエッターさんに対して、ちょっと良いとこ見せようと頑張ったせいで随分走れましたヨ。
本当にありがとうございます。
来年は一緒に参加者として走りましょう(笑)

北海道1200の時、来て下さった「penさん、noriさん御夫婦」
2014年08月09日032
1200kmという距離と、当初の自分の計画より遅れたためにバタバタして上がり気味の私に、いつもの笑顔で力づけて頂いて上、有名ランドヌールの方たちとの記念写真も撮って貰いました。ありがとうございます。
また、penさんには、雄武400や大雪600、新パノラマ300など、一緒に走る仲間として、走る姿勢に感銘を受けました。
クロカン、ラン、スイムと幅広くスポーツを愛されて、日々進化されているようですが、来年もご一緒したいです。
noriさんにはいつもスタート前、声を掛けて頂いた上に補給食を頂き、ありがとうございます。
北海道1200の時頂いた、「mugenさんへ ガンバレ!」の袋は、お守りとして今もフロントバックに入れてあります(^0^ゞ

十勝清水のM崎さん&奥様
北海道1200や大雪600の軽トラの上からのサプライズ応援、ありがとうございました。
両方とも、丁度疲れが出始める辺りでのサプライズ応援。言葉に表せない位、力をもらえました。(たぶん、他の参加者の方もそうだったと思います) 特に北海道1200のデコレーションされた応援は最高でした!
M崎さんには、新パノラマ300や函館400で、一定のペースでブルベを走る姿に勉強させられました。
また、ご一緒したいものです。

次にsiro-pugさん
今年は一緒に自転車に乗る機会がなくて残念でしたけど、大雪600のPC4でサプライズ応援ありがとうございました。
本当に風の様に行ってしまいましたが、本当にうれしかったです。

優游さん。大雪600の朝早くのサプライズ応援、嬉しかったです\(^o^)/。
去年の雄武400に続き、今年も応援して頂き本当にありがとうございました。
来年は十勝200だけではなく、何処かのブルベやイベントで同じ参加者としてまたお会いしたいです。

editさん。それこそ大雪600、新パノラマ300でのサプライズ応援ありがとうございます。
正直、blogをやっていて良かったと思った瞬間でしたヨ。
ありがとうこざいます。


他にもたくさんの方に声を掛けて頂いた。
道中やPCでアドバイスを頂いたり、お話をさせて頂いてエネルギーをもらったり、
無賃乗車させて頂いたりと、お礼を申し上げたい方はたくさんいるが、
あまり、ありがとうを言っていると、私自身、良い人なって、死んでしまいそうなのでこの辺で止めておく(爆)。
それにしても、本当に嬉しい事だ。


本題に戻って、今年のブルベの総括を。
今年北海道で行われたブルベは8つ。200km×2、300km×2、400km×2、600km×1、1200km×1である。
それにランドヌール札幌さんの200のトライヤルを入れれば計9つだ。

一番印象に残っているのは、やはり7月9日からの北海道1200だ。
430km地点の美幌峠の頂上で中止となったあのブルベだ。
2014年07月11日003a
今年の前半のブルベは、この1200の練習と位置づけて走っていたと云っても構わない位に気合は入っていた。
なんせ事前の完走計画は⑤までいったくらいだし。(←そっちかい!
生憎の天候であったが、有名ランドヌールの方々とお会いできたし、伝説になるであろう美幌峠の便所組と自販機組も垣間見れたし(早々に退散したけど)、スタッフの皆さんの献身的なサポートのお陰で、すごく楽しめた5日間だった。
2014年07月10日054
私自身、夜の9時に札幌を出発して、次の日の午後6時(21時間後)には北見のPC(386km地点)に着くことが出来たのはすごく自信になった。それもほぼ雨の中だ。

また、仮眠が上手く取れなくて、仮眠の大切さを改めて感じたものだ。
その経験は大雪600の時にいかされて、大雪600では十分仮眠を摂ることが出来た。

普通ブルベが終わった後に筋肉痛になるものだが、この時ばかりは、自走で戻って来る時に筋肉痛が出てきて辛かった。
私の様な、日頃運動をしていない人間は、こういう長いブルベの前には一度、体を苛めておく必要があるのかもしれない。
2014年07月11日054
ともかく1月のエントリー峠から、サッポロビール園で行われた打ち上げまで、強烈な日々であった。
ああいう非日常的なことを、またやってみたいものだ。


雨のブルベと云えば思い出されるのは、雄武400とランドヌール札幌さんの薄野200トライヤルだ。
雨の日は自転車に乗らないというのを基本にしていた私が、北海道1200で雨が降った時の練習だと思い、今年は走った。(昨年までで雨の中走ったのは本桐400だけだ。もちろんブルベ以外では雨の中は走ったことはなかった)
スタート直前から雨が降った6月14日からの雄武400
2014年06月14日033
全般的に雨模様の天気であったが、
スタートの滝川から美深までと、復路の深川からゴールまで雨が降っていた。
特に往路の美深峠や復路の深川からは土砂降りだった。
2014年06月15日029
そのお陰で、雨に対する耐性が随分とついたような気がする。
昨年自転車仲間に教えてもらったコンビニの袋をシューズカバーにするようになったのはこのブルベからだ。
雨具を着ると汗で蒸れて結局濡れるので、体温が下がらない程度ならば多少の雨でも、そのまま、ないしはウィンドブレーカーで良いということも覚えた。
前車との間隔や、後続の車と水溜りの関係とか、いろいろ勉強になった。
しかし、出来ることならば雨は避けたいものだ。
後でする自転車のメンテが大変で。
ブレーキ周り、ホイールは真っ黒だ。
また晴れ男になれるように精進をしたいと思う。
2014年06月15日009


もう一つの雨ブルベは7月27日の薄野200トライヤルだ。
北海道1200で雨はこりごりと思っていたのに、2週間後には強烈な雨の中を走る事になったブルベだ。
2014年07月27日031
さすらいのダイエッター!さんがトライヤルとは云え、ブルベ初参加で一緒に走ったのが良い思い出だ。
(↑ 本当に良い思い出なのか(爆))
クロスバイクで、あの暴風雨の中、私等と同じペースで走るポテンシャルは大したものだ。
新パノラマも一人で試走しちゃうワ、グルメもしちゃうワで、完全に私の良きライバルだ!
IMG_20140727_091307b
来年は、雨でない時にまた走りましょう(笑)
なんせ、グルメ情報が詳しそうですもの(爆)
2014年07月27日018


私の今年の夏の三大決戦に位置づけていたのが、北海道1200、大雪600、新パノラマ300だ。
その第2戦、8月9日からの大雪600は相方とymdさんに助けてもらったブルベだった。
IMGP4190
昨年の経験がものを云ったのか、
前半から調子良く、豚丼も食べて、相方よりも先に白樺峠を登って扇ヶ原展望台に着くなどし、
陸別の道の駅でも耳栓プラス携帯電話のバイブアラーム機能で十分休憩を摂り、万事うまくいくと思っていたら、
T氏の策略に引っ掛かり、縦踏みのせいで膝を痛めたのである(笑)。(←人のせいにして申し訳ありませんm(_ _)m)
捨てる神あれば拾う神もいる訳で、留辺蕊以降、相方とymdさんに牽いてもらったおかげでゴール出来た。
ymdさんは、この時まで十勝200しか参加したことの無い方であったが、
「立ってる者は親でも使え!」で生きてきた私の近くにいたのが運の尽き(爆)、
年長者を牽くのがブルベのルールと教えて牽いてもらったのだ。ウフッ!

私、ウソついてしましたm(_ _)m

相方とymdさんに甘えただけです。
こう見えても私、甘え上手なんです~ (^_^)v

またスタート前にnoriさん、ブルベ中に、editさん、M崎さんご夫婦、siro-pugさん、優游さんに応援されて、元気づけられた。
再度御礼申し上げますm(_ _)m
2014年08月10日009
私としては、膝は痛かったけれども、昨年に比べれば多少なりとも余裕が出来て、楽しめたブルベだった。
2014年08月09日036


夏の三大決戦の最後が、8月30日の新パノラマ300だ。
AJ北海道さんのイベント情報で、
「生半可な覚悟ではタチウチできない山岳コース」と、挑発的な文字が並んだコースだ。2014年08月30日019a
五色温泉の通過チェックの処で予想外の通り雨に当たったが、
それ以外は今年のそれまでのブルベで初めて天気も良く、
私としては、5つの全ての峠(坂)を相方よりも先に登り、
遂に私の時代が来たと思ったブルベだった。
(ちなみに私の時代は9月21日の大夕張までの23日間で終わったのだった
14914218408_b83a925544_o
とにかく、看板に偽りは無く、坂、坂、坂だった。
人間、辛いことが有り過ぎると、感覚が麻痺をしてくるようで、
最後のトーマル峠の頂上付近になると、もうこれで終わりかと惜しくなってきたものだ。

・・・・・。

私、大うそをついてしまいました。m(_ _)m

本当は「もう、勘弁して下さい~!」でした(涙)

この時もスタート前にnoriさんとダイエッター!さんが応援に駆けつけて下さり、
倶知安ではeditさんにサプライズ応援頂きました。
再度ありがとうございました。
また、古平からゴールまでは、またもやymdさんに牽いてもらった。
本当に今年はymdさんに助けられた。ありがとうございます。
2014年08月30日066
AJ北海道のブルベの中でも、山岳ブルベとして過酷なコースのパノラマ300。
今回も無事、パノラマーの称号を得ることが出来て満足した一日であった。


長くなったので、後編に続く。

(つづく)