今年の北海道のブルベもいよいよ最後となる。
まだ肌寒い5月のゴールデンウィークから始まった今シーズンのブルベも、10月12日に開催される函館400kmで終わるのだ。
函館400
このコースは今年初お目見えで、北海道の南の亀田半島と松前半島を8の字に周るコースだ。
コース断面図を見ると、110km地点から200km地点の山岳部分を除けば平坦のコースに思えるが、
獲得標高は3,800mとなかなかの上りがあるようだ。
大体、海沿いの道はアップダウンが多いところが多く、前半の恵山から森町と後半の知内から北斗市までを除けば、結構アップダウンに悩まされそうだ。

それと気がかりは10月という事で、天候の問題だ。
10月12日の過去5年の函館の天気と最高気温と最低気温、それに風速を書き出してみる。
2013年 昼:曇時々一時晴 夜:一時曇 最高:21.1℃ 最低:9.5℃ 最大風速:10.1m/s 西北西
2012年 昼:晴一時曇     夜:一時曇 最高:17.0℃ 最低:10.5℃ 最大風速:8.1m/s 西
2011年 昼:薄曇後晴 夜:晴一時雷を伴う 最高:18.6℃ 最低:7.0℃ 最大風速:11.7m/s 西北西
2010年 昼:曇     夜:曇時々晴      最高:22.1℃ 最低:13.5℃ 最大風速:4.5m/s 南南東
2009年 昼:晴後曇 夜:曇時々晴後雷を伴う 最高:16.9℃ 最低:3.6℃ 最大風速:7.4m/s 西南西
ということで、
夜に関して言ば80%の確率で、40%の確率で雷を伴うようだ。
気温は最高気温の平均は、19.1℃、最低気温の平均は、8.8℃、風は西方向から吹く確率が高いようだ。
ただ、このデータは函館なので、150km辺りの大野から220km辺りの厚沢部町までの内陸部は、もっと冷える可能性が高いと思う。

このデータから見る限り、
雨が降ってもkaba3さんのせいでは無いようだ(爆)



例の如く、グルメを堪能するためにスケジュールを立ててみよう。

スタートは函館市公立はこだて未来大学を06:00だ。
日の出は05:43であるから、まだ真っ暗な中、スタート地点に行き、自転車を組み立てなければならないようだ。
スタートしてまずは亀田半島を一周するのであるが、PC1のセブンイレブン渡島恵山店までの38kmで、途中に標高200m程度の坂を登るので、到着は08:10頃だろう。

PC1を08:20出発して、椴法華へ行くまでに109mの坂以外はほぼ平坦。
PC2の森町の手前で180m程度登るが、天気が良ければ駒ヶ岳を望みながら快適なサイクリングが出来そうだ。
11:00 90km地点の鹿部町着
鹿部町では、しかべ間欠泉公園の近くを通るので、約10分間隔で温泉が15メートルの高さまで噴出するのを足湯に浸かりながら見るのも乙かもしれない。(入場料300円) 
■鹿部町のHPより
鹿部間欠泉
ただし、天候不良時などは覆いが被さるので、本来の噴出高を見ることはできないらしい。

11:30出発して117km地点のPC2 セイコーマート駒ヶ岳店 12:30着
128km地点の
ラッキーピエロ 森町赤井川店13:20着 
■ラッキーピエロさんのHPより
ラッキーピエロ 森町赤井川店
ここで2年前、ラッキーピエロ江差入口前店で食べられなかったハンバーガーを食べたい。

14:20出発して、いよいよ3つの峠の一つ目、城岱牧場への登りに挑む。
7kmで400m登る平均勾配5.7%の峠だ。
15:10 通過チェックの城岱牧場展望台着。
PC3 セイコーマート七飯本町店(157km地点) 16:00着

PC3を16:10出発して、2つ目の峠のきじひき高原へのヒルクライムだ。
通過チェックのきじひき高原キャンプ場までまで、5kmで350m登る平均勾配7%の坂道だ
16:45 通過チェック きじひき高原キャンプ場到着。

ここからがキューシートの解読が今のところ良く分からない部分だ。
キューシートのNo.24には、 通過チェック きじひき高原キャンプ場 折り返し と書いてある。
その通りならば、ここから下って国道に戻るのであるが、
AJ北海道のイベント情報の函館400の概略図では、更に登って、きじひき高原、北斗市営牧場の方にを通って国道に戻るように見える。
どちらが正しいかこれから情報を集めて判断したいが、実際通過チェックでは、スタッフさんがいるか、
折り返しなら他の参加者とすれ違うだろうから、更に登ると思って、折り返しならラッキーと思う事にする。

もし、折り返しでなければ、以前からの予定通りだ。
国道227号線を右折して、10kmで590m登る平均勾配5.9%の坂だ。
頂上まで1時間20分掛かったとして、17:30通過。
182km地点で国道227号線に戻るのが、17:50。

10月12日の日の入りは、17:02 なので、PC3で夜間走行の準備をしなければなるまい。

そこから3つ目の峠、中山峠に挑むのだ。
約10kmで200m登る3つの中では一番緩やかではあるが、そこまで足を削られている事を考えるとなかなか手強そうだ。
18:40 中山峠を通過し、
20:00 222km地点にラッキーピエロ江差入口店への直接リベンジで夕食だ。
■ラッキーピエロさんのHPより
ラッキーピエロ江差入口店
ここは2年前、随分待たされたし、昼に続けてというのも芸がないので、
更に8km先の230km地点のそばの名店「やまげん」さんという手もある。
江差と云えば、にしんそば ■食べログさんから拝借しました。
やまげん
それでなければ、やまげんそば ■食べログさんから拝借しました。
やまげん2
やまげんさんのネックは、ラストオーダーが18:30ということと、
売り切れの場合は閉店するということだ。(そういう事をかいてあるってことは売り切れは良くあることなのかも。増してや3連休だものな
普通に行ったら、やまげんさんに到着するのは20:20になりそうなので、やまげんさんに行くには相当のペースアップが必要だ。
私の脚力では時間的にやまげんさんに行くのは無理っぽいということで、江差での夕食をラッキーピエロとして、昼の森町のラッキーピエロをレストラン ケルンさんに行くという手も有りか。
ケルン
■食べログさんから拝借しました。
ケルンさんのハンバーグは、3日以上煮込んだ黒毛和牛と玉ネギなどの野菜の旨味がぎゅっと詰まった一品らしく、これまた魅力的!
江差に20:00着予定という
貧脚には選択肢が少ないのが悲しいところだ(涙)

とにもかくにも、江差を20:50に出発し(←ここ重要)、232km地点のPC4 ローソン上ノ国大留店 21:20着。
ここはサクッと21:30 出発して、310km地点のPC5を目指す。
上ノ国から松前、福島間は大きな峠が無い変わりに、細かいアップダウンがあって大変そうだ。
PC5 ローソン渡島福島町三岳店 25:30着

01:45出発して、知内との間に小さな峠があるが、その後は北斗市から内陸に入るまでは平坦だ。
西風が吹けば、追い風で漁火を見ながら今年最後のナイトクルーズを楽しめそうだ。(そんな余裕は無いと思うけど
05:00 228号線から左折して、道道96号線に入る。
05:50 392km地点のPC6 セブンイレブン七飯バイパス店
06:00 PC6を出発し、07:00 ゴールの函館市公立はこだて未来大学到着。
ちなみに10月13日の日の出は05:45 なので、北斗市で夜明けを迎えることになりそうだ。

25時間00分でゴールし、ラッキーピエロに寄って、間欠泉を見ることが出来たなら、これ以上のことはないだろう。

この計画では仮眠を考慮していない。
どうやら24時間開いている道の駅はないようだ。
また、扉付きのバス停はグーグルマップで見た限り分からない。
従って、仮眠をする場合は木古内以降のJR駅くらいしか、ないのかもしれない。
その場合、レスキューシートは必須の条件であろう。
木古内まで来てしまえば、残り60km程度、約3時間なので、ゴール後にお風呂に入って、ゆっくりと仮眠をとったほうがベターであろうが、それが出来るかどうかは体調しだいであろう。
最後のブルベなので、多少の観光といつものグルメを入れてみたが、はたしてどうなるであろうか。

PC4の上ノ国のクローズは21:28で、今の計画であればクローズ8分前に到着することになる。
PC5の福島もクローズ02:44で、クローズ14分前だ。
そうなるとビビッてラッキーピエロには寄れないかもしれない。
今回の計画は最大限遅い場合という事になる。
結構、キビシイーッ!

また、雨が降った場合、間欠泉など見ている余裕は無いと思う。
雨に濡れると、重くなるので、登り坂が非常に辛くなる。
また、下り坂もスピードを上げられずに平均スピードが下がるために、グルメも諦めることになるだろう。
とにもかくにも天候次第だ。
今年のブルベは雨に祟られたブルベが多かったので、せめて最後くらいは過去5年のデータを覆して晴れて欲しいものだ。
こうして計画してみると、函館400は誘惑が多いし、獲得標高も結構あるので、
思っていたよりも難しいコースかもしれない。

これをもって、私の今年のブルベが終わりなので、楽しみたいと思うのだ。

(おわり)