2013年09月21日033

9月21日(土)22日(日)の2日間、遊び倒しに美瑛に行ってきました。

美瑛のセンチュリーライドの参加は一昨年以来の2回目です。
前回はロードバイクを始めて4ヶ月、初めての自転車イベントということで緊張していて、楽しかったと云う以外はほとんど記憶なし。
そうそう、前回美瑛で青レンジャー(gossyさん)やユニオンジャックをマントにした小径車(ブロンプトン)の方(おかず汁粉さん)にお会いして、カルチャーショックを受けた記憶がありました。(自転車の楽しみ方はいろいろあるものなのだ)

1日目(21日)
土曜日は高校生の息子は学校なので、後からJRで旭川まで来させて、私とeco(家内)の二人で6:00に自宅を出発しました。
途中、今晩泊まる宿の位置を確認してから行きます。(これが分かりにくいんだな、)
美瑛に着いたのは9:00で、早速受付を済ませて、自転車を組み立てます。
急いでいたのは、9:45から「自転車の教科書」の著者である堂城賢さんのミニ「やまめの学校」があるからです。

2013年09月21日003

本に書いてあることを実際にやってみたり、更に新しい話もして下さり、大変勉強になりました。
ecoはこの後、早速下ハン持って走るようになり、私を煽るようになりました(汗)
続編が出るようなので楽しみです。

11:00より開会式が始まり、
いよいよ美瑛センチュリーライドの始まりです。

2013年09月21日009

一日目のステージⅠは60kmです。
天気は薄曇りですが、雨の心配は無いようです。
昼前の時間にスタートしたものだから、早くエイドステーションで昼を食べたいと思いながら走ってました。
2年前の初めての時は、周りの人が皆早そうに見えて(実際早いんだけど)、必死だったのですから、
人間、経験を積むと変わるもんです。

2013年09月21日016

エイドステーションにて
余りにおなかが空いて、そこでおいしいパンにありつけたから写真は無し。(成長のあと無し)
パンが美味しかった。
交歓会でも出たので、そこでも頂きました。

2013年09月21日019

堂城先生の話を忘れないうちに実践しているeco。

2013年09月21日022

丘の街、美瑛らしい風景を眺めながら走ります。

2013年09月21日025

息子を旭川駅まで迎えに行かないとならないので、少し急ぎ目でゴール!

2013年09月21日029

2013年09月21日032

ゴール後、ecoは堂城さんに「早かったね~」と言われて、まんざらでもない様子。

予定通り15:30に旭川駅で息子を pickup して、美瑛にとんぼ帰りで17:00着
17:30から交歓会に出席(写真無し)
食べ物は美味しくて、たくさんありました。
周りに座った方と楽しくお話をしながら、あっという間にお開きでした。
2年前の時は、バイクラックが当たり、周りもたくさん当たっていたので、
当然何か当たると思っていたら、何も当たらず(←欲のかきすぎ)
私たちのテーブルでは、向かいの方が一人だけ当たっただけでした。
よく考えたら、交歓会の席の数が2年前より多いような気が。
盛大になったのは良いことなのでしょう。

悔し紛れに、余っていたザンギを頂いて、ビールを買って、今夜の宿へ。
本当は美瑛のペンションに泊まりたいところですが、
×3地獄なので、リーズナブルなお宿の中富良野町へ。

2013年09月21日042

行ってみたら、ロフトのあるコテージで、広い広い!
20:00に着いて、翌朝5:30にチェックアウトで朝食無しなら、これで十分、贅沢の極み!
また、来年も行くことになれば、リピート確実ですな。

備え付けの風呂に入って、
備え付けのレンジでチンしたザンギをつまみにビールを飲んで就寝しました。

(つづく)